ジャッキー・ブラウン

人物・団体ページへ

一年だけの結婚 ハーレクイン・イマージュ

ジャッキー・ブラウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784596217486
ISBN 10 : 4596217483
フォーマット
発行年月
2005年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
17cm,156p

内容詳細

シカゴの名家ダンベリー一族のデリクと婚約していたキャサリンは婚礼の直前、教会で花婿の浮気を目撃し、結婚を取りやめた。ところが上流社会の派手なイベントとあって多くのカメラマンやマスコミ関係者が集まっている。彼女をその場から助け出してくれたのは、デリクのいとこであり、“ダンベリー・デパート”の社長スティーヴンだった。彼がデリクとのいさかいから思いがけない窮地に陥ったとき、キャサリンは迷わず救いの手を差し伸べた。解決法は簡単だ。明日までにスティーヴンと結婚するのだ―一年だけの約束で。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    結婚式の日にウェディングプランナーに手を出してる15分後に夫になるはずだったろくでなしをぶったたくシーンから始まる、おかしいようなまじめなようなロマンスです。シカゴの特権階級の雰囲気や、ヴェガスのIdoチャペルとか、すごくよく描写してあって楽しめました。男子も真面目で好感が持てます。最後もニヤリ。

  • 月 さん

    ★★★☆☆ヒーローのコンプレックスが強くて…ヒロインは音痴というのが可愛らしくて好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジャッキー・ブラウン

ミシガン・セントラル大学でジャーナリズムの修士課程を修了したのち、雑誌社や新聞社で活躍。1991年にはフリント・ジャーナル紙で初の女性ライターとして注目を集めた。在職中も小説を書き続け、2002年ついにRITA賞のファイナリストとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品