ジャクリン・キースター

人物・団体ページへ

耳は聞こえなくても ことばの練習絵日記

ジャクリン・キースター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835510187
ISBN 10 : 4835510186
フォーマット
出版社
発行年月
2000年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
120p;19

内容詳細

聴覚障害児の親御さんへ。子育てとことばの指導の手引き。

目次 : 第1部 全く聞こえないろうの子ども(早期教育/ 形、大きさ、色のマッチング/ 絵、実物(玩具)のマッチング/ 動作の絵/ 聞き取りの練習/ 補聴器について/ ことばの導入/ 品詞の名前を習うこと/ 口頭指示に従う練習/ 日誌をつけること/ お話の時間/ 学校に行くようになってから)/ 第2部 少しは聞こえる難聴の子ども(難聴の子どもに聞こえる音/ 普通の子どもの話し方の学習/ 難聴の子どもの話し方の学習/ ピーターの聞こえが更によくなるために/ 専門的な指導機関について)

【著者紹介】
山口司 : 長崎県に生まれる。東京電機大学を卒業。1958年、国立ろうあ者更正指導所 聴能課に就職、音響機器の保守管理をする傍ら、聴力や音声言語の検査測定に従事する。1961年、米国セントルイス市、中央ろうあ者研究所(CID/Wash.大学)に留学、聴覚障害児、言語障害児の言語治療について学ぶ。再度、1982年に四ヵ月間、研修留学する。1962年、長崎大学病院耳鼻咽喉科(特設外来)言語クリニックに就職。聴覚障害や言語障害児の言語訓練に従事する。同学教育学部、福岡教育大学の講師(言語障害学、音響心理学)を併任。1983年、(法)重度心身障害児(者)施設諫早療育センターに転職し、重度心身障害者のコミュニケーション・エイドシステムの開発に取り組む。障害者のコミュニケーションとテクノロジーのあり方、人権について考え、ネット上で国際的に交流している。ISAAC(国際ミュニケーション・エイド学会)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品