9・11 生死を分けた102分 崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言

ジム・ドワイヤー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163674308
ISBN 10 : 4163674306
フォーマット
出版社
発行年月
2005年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,381p

内容詳細

最初の飛行機が激突してから2棟目のビルが倒壊するまでの102分間を、証言・通話記録などをもとに描いた感動のドキュメント。今明かされる混乱と助け合い、悲劇と幸運、そして生と死の分かれ道。

【著者紹介】
ジム・ドワイヤー : ニューヨーク市生まれ。「ニューヨーク・タイムズ」のベテラン記者

ケヴィン・フリン : ニューヨーク市生まれ。「ニューヨーク・タイムズ」特集班編集者。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件では警察担当チーフとして活躍した

三川基好 : 1950年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。早稲田大学文学部教授。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 聖月 さん

    ◎なるほどと思ったのが、例えば100階建ての超高層ビルで自分は80階に居たとしよう。70階で爆発炎上があった場合、上へ逃げるか下へ逃げるかの判断である。炎や煙、屋上の施錠状況などもあるのだが・・・20階分建物を上がる体力、80階分建物を下りる体力、そこらへんも判断の決め手になるのである。途中の危険を考えなかったら、やはり評者は後者の80階下りるほうを選ぶ。これまでは、下で火が出たら、上に上がるしかないでしょうと思っていたけど、20階はやはりよく考えると体力的な危険が増すことがわかる。

  • taskun さん

    南棟への最初の飛行機突入後、一度はロビーまで迅速に避難した北棟の富士銀行社員が、警備員に止められてまたオフィスに戻ってしまい、結局二次攻撃の犠牲になってしまったことにすごくやりきれなさを覚えた。

  • パンダネコ さん

    あの日、私は自室のテレビで信じられない光景を目の当たりにした。その内側では…本来助かったはずの人が安全だからオフィスへ戻るようにのアナウンスを聞いたり、待機指示を信じたりで助からなかった人もいたことを知った。建物の構造上の不備もあった。未曾有の出来事で情報は錯綜し、通じず…。追突より上階の人々は逃げることも叶わず、追突された階の人は運のいい一握りを除いて即死。私が呆然としていた時間帯に、必死に生きようとした人々がこんなにもいたんだ。亡くなった人に改めて黙祷。

  • Mai さん

    何千人もの人がこの建物にいたんだということが、実感としてわかる一冊だった。単にテロを悪とするだけでなく、人間の行動、タワーの欠陥についても指摘されていて、今までと角度を変えた「911」がありました。と同時にあの日、「America on Attack」と題されて報道されていたのを、また思い出しました。

  • Sae さん

    偶然手に取った本だったけれど、必読の書だと思う。インタビューと記録をもとに分きざみに進んでいく展開には臨場感があって、ときに恐かった。あまりにショックでここから何が学べるかすぐに出てこない。気になったのは、身障者や負傷者が救助を求め、あきらめないこと。日本だと、人の手をわずわらせて助けてくれる人自体が避難するのを妨げると考えて、自分を置いていってくれとみんないいそう。現在の日本で大きな災害があったら、ここに高齢者が入ってくるはずで、うまく助け合っていけたらいいけれど・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジム・ドワイヤー

ニューヨーク市生まれ。「ニューヨーク・タイムズ」のベテラン記者

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品