ジビュレ・フォン・オルファース

人物・団体ページへ

ちょうちょのくに

ジビュレ・フォン・オルファース

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582832211
ISBN 10 : 4582832210
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21×29cm,1冊

内容詳細

ちょうちょの国の子どもたち。春の光の使いに羽をプレゼントされて、きれいなちょうちょに生まれ変わる…。命の不思議をやさしいファンタジーでくるんで描く、身近で親しみ深いオルファース最後の絵本。

【著者紹介】
ジビュレ・フォン・オルファース : 1881年東プロイセン生まれ。貴族の家柄に生まれ、早くから絵を習う。20代半ばで修道院に入った後も絵を学びつづけ、その後、美術教師をしながら宗教画、絵本の制作を続ける。肺病を患い、1916年突然の発作で34歳で世を去る。自然への曇りのない目とそれをユーモラスな詩や物語にして優しく語りかけるオルファースの残された絵本は8冊と少ないが、どれもドイツ古典絵本の傑作として長く読みつがれている

秦理絵子 : 東京生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。1881年に新しい運動芸術・オイリュトミーと出会い、ミュンヘンのオイリュトミー学校で学び、1987年帰国公演を機に全国各地でオイリュトミストとして活動する。幼児から大学生まで、また大人のための多くのクラスを持ち、NPO法人東京シュタイナーシューレの教員を務める。オルファースの絵本のあたたかい感触に魅せられ、子育ての中でも親しんできた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ume 改め saryo さん

    やっと順番が来ました!!久しぶりのオルファース!!  この感性は独特ですね!!(^^)  自然界に対する、慈しみを感じます(^^)/

  • tiny-candy さん

    オルファースが描くとイモムシも可愛らしく見えます。擬人化した蝶も可愛い。

  • 魚京童! さん

    貴族で、修道院で、心がここに在らず、こんな世界を飛び回っていたのかもしれない。縛られるのもまた一興。

  • mntmt さん

    青虫恐怖症の私。でも、この絵本で初めて、かわいいと思えた!「ゆうべのちょうちょのたいまつぎょうれつ」、幻想的です。

  • ゆきのひ さん

    3月の一年生の読み聞かせで検討中。蝶々が羽化するまでの様子をファンタジーで描いている。さなぎの子どもも、いもむしの赤ちゃんも、羽をもらったちょちょも、皆可愛いな(*^^*)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジビュレ・フォン・オルファース

1881年東プロイセン生まれ。貴族の家柄に生まれ、早くから絵を習う。20代半ばで修道院に入った後も絵を学びつづけ、その後、美術教師をしながら宗教画、絵本の制作を続ける。肺病を患い、1916年突然の発作で34歳で世を去る。自然への曇りのない目とそれをユーモラスな詩や物語にして優しく語りかけるオルファー

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品