ライオンボーイ 2 奇跡の翼

ジズー・コーダー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569636733
ISBN 10 : 456963673X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,451p

内容詳細

ぼくは何があってもあきらめない。海に浮かぶ街、消えた国、アレルゲニーの謎、涙の別れ…。ネコ語を話す少年チャーリーとライオンたちの勇気と愛と友情の大冒険ファンタジー、待望の第2弾。

【著者紹介】
枝広淳子 : 京都生まれ。晴遊雨読の子ども時代を送る。東京大学大学院で教育心理学を専攻し、カウンセリングの勉強をする。2年間の渡米生活をきっかけに29歳から英語の勉強をはじめ、フリーランスの同時通訳者・翻訳者・環境ジャーナリストになる。国際会議等での通訳、出版翻訳のほか、心理学をもとにしたビジョンづくりやセルフマネジメント、環境問題に関する講演・執筆などで活躍中。夫と中学生・小学生の娘の4人家族(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サリィ さん

    ストーリーとしては、悪くないのですが出会いや別れをもうちょっと雰囲気を詳細に表現した 方が良いかな〜と思う。あまりにもあっさりと終わっていて、感情移入が出来なかったかな。3巻でラストなので、読了します。

  • ヨウぴー さん

    LIONとはなせるなんていいなぁ〜 3巻、どうなるか楽しみです。 チャーリーが両親と会えてよかったです。

  • スライムボール さん

    ようやく両親と再開でしたが もう少し細かく描写があるともっと入り込むのかなと…

  • まるいりんご さん

    もうこれで一件落着でいいかと。1巻に比べてワクワク感が少なく、失速気味。主人公チャーリーに感情移入できないせいかな。それに比べてセルゲイが格好良すぎる。次刊で完結ならとりあえず読んでみようかな。

  • マッピー さん

    ベニスで囚われの身になったチャーリー。 懸賞金がかけられ身柄を狙われているから、身を隠していなければならないわりには街中の注目を浴びてしまう。 だけどライオンたちをふるさとに返し、行方不明になった両親を探し出すためには、何とかここから抜け出さなければならない。 味方になってくれる人たちの協力の元、無事チャーリーはライオンをふるさとに返し、両親と再会。 あれ? じゃあ、3巻では何をするの? ライオンたちいなくなっちゃったけど、ライオンボーイでいいの?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品