ジェーン・グドール

人物・団体ページへ

ワシとミソサザイ

ジェーン・グドール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784378001098
ISBN 10 : 4378001098
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
30

内容詳細

一番高く飛べるのは誰か?鳥たちは、高く飛ぶ競争をすることになりました。競争がおわったとき…。誰もが自分の力だけで生きることはできないということを教えてくれる絵本。

【著者紹介】
ジェーン・グドール : 1934年ロンドン生まれ。23歳のとき、幼いころからあこがれていたアフリカへ行く。60年からタンザニアのゴンベで野生チンパンジーの研究を始める。77年、「野生動物の研究と教育ならびに保護のためのジェーン・グドール研究所」を設立。子ども向けの著書に「森にうまれた愛の物語」「チンパンジーの森へ―ジェーン・グドール自伝」などがある

アレキサンダー・ライヒシュタイン : 1957年モスクワ生まれ。90年からフィンランドに移り住み、フィンランドやアメリカ、ロシアの本のイラストやデザインの仕事をしている

百々佑利子 : 日本女子大学家政学部児童学科教授。著書、訳書は「児童文学を英語で読む」「世界のはじまり」「マリー・キュリー」「子ども・本・家族」など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆうゆうpanda さん

    西洋の昔話だそうです。だれが一番高く飛べるか競争することになり、ワシの羽毛に隠れていた小さなミソサザイが上空で飛び立って勝利を納めるというもの。ミソサザイは鳥の王様と呼ばれるようになったそうです。しかし、この作者はミソサザイからワシへ感謝の言葉を贈らせます。長年の夢が叶ったのはワシのお陰だと。いい話でした。日本の昔話にも二羽の対決があります。どちらが強いか猪を倒してみることに。ミソサザイは偶然猪の鼻の穴に吸い込まれ、驚いた猪は暴走。頭をぶつけます。ミソサザイは鳥の大将と呼ばれます。こちらは勝ちっ放し(笑)

  • ハワイ猫 さん

    昔好きだった話。ワシは圧倒的にかっこいいけどミソサザイになりたかった。どんなにわくわくしただろうと思う。私が昔読んだ絵本より、とても絵が美しい。眼下に広がる景色がページをめくるごとに遠く広く見えるようになっていき高度をあげていることが体感できる。本当にワシになったみたい。地平線が丸い。もう森がどこにあったかわからない。長男はミソサザイについて図鑑で調べたいとのこと。鳥達の描写も細かく、羽ばたきや鳴き声が聞こえてきそう。翼であんなに飛ぶってすごいなあ、と思う。

  • いっちゃん さん

    十二支のお話みたいに、ミソサザイがずるいことしたのかと思ったら違った。うん、二羽に一番あげたい。

  • 姫咲 さん

    今この情勢だからこそ・・こういうお話を子供に届けたいと思った。ミソサザイは、ずる賢いのではなく、賢いのだ。自分の行いをちゃんと自覚し、そのうえで感謝の気持ちを持つ。大きく強いワシは、ミソサザイの思いを汲む。様々なもの同士、力を合わせることの意味と、力を合わせることによって生まれる可能性がある。他館より。

  • 遠い日 さん

    グドールによる昔話の再話。彼女自身が子どもの頃から大好きだったお話だそうだ。誰がいちばん空高く飛べるかの、鳥たちの競争。ミソサザイが飛び出してきた時点では、単純な結末だと感じましたが、ミソサザイの率直でまっすぐな願いとことばに、なるほどと感じるものがありました。ワシとともに叶えた願い。だからこそ、その感謝のことばは美しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェーン・グドール

博士。京都賞受賞(1990年度)、コスモス国際賞受賞(2017年)。ジェーン・グドール・インスティテュート創設者。ゴンベ国立公園での長年にわたる野生チンパンジーの調査研究により、その行動、社会、生態を明らかにしたことで、人類進化理論に大きな影響を与え、行動科学領域の理論構築を果たした。自然保護にも努

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品