ジェームズ・エルロイ

人物・団体ページへ

アメリカン・タブロイド 上 文春文庫

ジェームズ・エルロイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167527884
ISBN 10 : 416752788X
フォーマット
出版社
発行年月
2001年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
457p;16

内容詳細

J・F・ケネディ―アメリカの夢。時代の暗部がこの男に群がった。マフィア、狂った富豪、強請屋に殺し屋。歪んだ欲望を抱いた男たちが、政治と犯罪の狭間で蠢く―それぞれの栄光を夢見て。アメリカ現代史の激動を、悪党どもの悪徳の神話へ書き換える、暗黒小説の巨匠の“アンダーワールドUSA三部作”、ここに開幕。

【著者紹介】
ジェイムズ・エルロイ : 1948年、ロサンジェルス生れ。10歳のとき、実母を何者かに殺害され、以来、作家となるまで犯罪者同然の生活を送る。1950年代のロサンジェルスの犯罪と権力の腐敗を描く“暗黒のLA四部作”で暗黒小説の巨匠としての名を不動のものとする

田村義進 : 昭和25(1950)年、大阪市生れ。金沢大学法文学部中退。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinnov さん

    多分再読。感想は下巻で。

  • DEE さん

    「アンダーワールドUSA三部作」の第一作。 ケネディ一家とFBI長官フーヴァーとの対立を軸に、それを利用しのし上がろうとする捜査官や暗躍するマフィアたちの血生臭い戦いのお話。 ハッシュハッシュというタブロイド紙をはじめ、人の噂や嘘といったものがタイトル通りにキーワードとなっている。 この著者の特徴として登場人物が多いというのがあるけど、今回もそれは受け継がれている。 汚さしか感じない、これぞまさにノワール。 下巻へと。

  • pb_lack さん

    何年かぶりの。レニーとピートの会話みたいなリズムがツボにはまった時が楽しくてしょうがない。ちょっとでも目が滑ると情報も飛ぶのでとにかく時間がかかるがそれをすべてもったいないと思わせるだけの密度。壮大なスケールでディテールだけを読むという妙な読み方になるので具体的な感想や説明がむずかしいね。

  • AO ( × ×)ノ⌒○ さん

    “アメリカが清らかだったことはかつて一度もない。”悪党しか出てこない暗黒神話の幕開け。こんなに面白いのに絶版なのがホントにもったいない。

  • SMOKE さん

    ケンパーとウォードとピート。三人の男が1950年代後半のアメリカの暗部を走り回る。光が当たっているのは、かのケネディ兄弟であり、大富豪ハワード・ヒューズであり、FBI長官のフーバーである。大統領選挙。そこにキューバ革命。女たらしのジャックはアメリカを口説く。闇の男たちも口説かれていく。くそったれとののしりながら、金と女とヤクとアルコールでむせ返り、銃弾がとぶ。これぞノワール!下巻が楽しみだ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品