葵 徳川三代 下

ジェームス三木

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784140053355
ISBN 10 : 4140053356
フォーマット
出版社
発行年月
2000年07月
日本
追加情報
:
406p;20

内容詳細

戦国に煌いた巨星・家康の死は徳川新時代の幕開けでもあった。二代将軍秀忠は、幕藩体制の確立とともに朝廷との関係強化にも努め、一族のさらなる安定をはかる。そして、生まれながらの将軍家光は亡き家康を自らの神と仰ぎ、父・秀忠を超えようとする。時代の大転換期を駆け抜けた徳川三代の男たちと、彼らを支え続けた一族のドラマここに完結。NHK大河ドラマ原作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 絵下山堂 さん

    お江と秀忠の描き方が秀逸です。 お江が亡くなるシーン。 涙が出ます。 ここまで秀忠夫婦のことを掘り下げた作品は、他に無いのでは? 秀忠を通して草創期の徳川幕府の仕組みを作り上げる様が、わかりやすく描かれています。 これを読むと秀忠のことが、きっと好きになることでしょう。 読みやすくて読みごたえのある素晴らしい小説です。

  • やっさん さん

    家康、秀忠、家光の三代が徳川の時代の礎を気づいていったんだろう。葵三代のドラマを見てから江戸に入る前から江戸初期ぐらいの時代が一番好きになりました。上中下と懐かしく読む事ができました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェームス三木

脚本・演出家。1935年6月10日、旧満州奉天(瀋陽)生まれ。大阪府立市岡高校を経て、53年俳優座養成所入所。以後テイチク専属歌手などを経て脚本家に。85年NHK連続テレビ小説「澪つくし」で視聴率55%を記録。同作品で日本文芸大賞脚本賞(86年)、「憲法はまだか」「存在の深き眠り」で放送文化基金賞脚

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品