ジェームス三木のドラマと人生

ジェームス三木

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784784501861
ISBN 10 : 478450186X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
追加情報
:
20cm,249p

内容詳細

鋭く、きわどく、軽く、ジョーク。演劇・シナリオ、テレビ・メディア、芸能関係者、美しい女性…。人生劇場の舞台の上で、脚本家自ら語る。大河ドラマの仕掛け人が、ドラマと人生のツボを楽しく伝授するエッセイ集。

【著者紹介】
ジェームス三木 : 本名、山下清泉。1935年6月、旧満州奉天(瀋陽)生まれ。大阪府立市岡高校を経て、劇団俳優座養成所に入る。歌手生活の後、「月刊シナリオ」のコンクールに入選。脚本家となる。舞台演出、映画監督、小説、エッセイなども手がける。50回NHK放送文化賞を受賞。日本演劇協会理事、『坊っちゃん劇場』名誉館長を勤める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェームス三木

脚本・演出家。1935年6月10日、旧満州奉天(瀋陽)生まれ。大阪府立市岡高校を経て、53年俳優座養成所入所。以後テイチク専属歌手などを経て脚本家に。85年NHK連続テレビ小説「澪つくし」で視聴率55%を記録。同作品で日本文芸大賞脚本賞(86年)、「憲法はまだか」「存在の深き眠り」で放送文化基金賞脚

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品