ジェフ・ゴーセルフ

人物・団体ページへ

LEAN UX アジャイルなチームによるプロダクト開発 THE LEAN SERIES 第2版

ジェフ・ゴーセルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784873118055
ISBN 10 : 4873118050
フォーマット
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
251p;22

内容詳細

本書は、Lean UXのプロセス、MVPやプロトタイプを使った仮説の検証、さらにユーザーからのフィードバックを効率的に得る方法などLean UXの全体を解説します。今回の改訂では企業の導入事例も紹介しており、より実践的に手法を学ぶことができます。チームや開発のアジリティ(柔軟性や俊敏性、課題への対応力)を保ちつつも、プロダクト開発のライフサイクルにおけるユーザーニーズにも応えるという課題を持つすべての人、必携の一冊です。

目次 : 第1部 Lean UXへのイントロダクションと基本原則(かつてないほどに高まるLean UXの重要性/ Lean UXの原則)/ 第2部 Lean UXのプロセス(ビジョン、フレーミング、アウトカム(成果)/ コラボレーティブ・デザイン/ MVPとプロトタイプ/ フィードバックとリサーチ)/ 第3部 Lean UXの実践(Lean UXとアジャイル開発の共存/ Lean UXの実践に際して組織に求められる変革/ ケーススタディ)

【著者紹介】
ジェフ・ゴーセルフ : ライター、スピーカー、組織デザイナー。デジタルプロダクトやサービス分野での20年以上の経験を通じて顧客中心やエビデンスベースのアプローチをプロダクト戦略やリーダーシップ・マネージメントに適用。iXL、Fidelity、AOL、WebTrends、TheLaddersなどでさまざまな役割やリーダーシップポジションを歴任。直近では、ニューヨークシティのNeo Innovation(Pivotal Labsが買収)の共同創設者として、同社を現代のプロダクト戦略や開発、デザインにおける屈指のブランドに成長させた

ジョシュ・セイデン : デザイナー、ストラテジスト、コーチ、プロダクト・リーダーとして、25年以上にわたって優れたテクノロジー製品の開発に関わる。ハードウェアやソフトウェアを始め、コンシューマー、エンタープライズ、モバイル、Web、デスクトップなどの幅広い分野で活躍。デジタルプロダクトのイノベーション・スタジオであるNeo Innovationの共同創設者として、クライアントのデジタルプロダクトやサービスの開発を支援。以前はWall Street innovator Liquidnetでプロダクトデザインの責任者を務めたほか、Cooperでは業界のパイオニア的な存在であったインタラクション・デザインチームを率いた

坂田一倫 : 1984年生まれ。Pivotal Labs Tokyoプロダクトマネージャー。楽天株式会社、株式会社コンセントなどを得て現職

児島修 : 英日翻訳者。1970年生。IT、ビジネス、スポーツなどの分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よく読む さん

    一度読んだことを忘れてまた読んだ。現在はプロダクト開発、アイデアの検証を進めているので、本書で学んだ仮設検証の手法を実践していく。残念ながら私にチームはないので、チームに関する記述は今は参考にならなさそう。

  • orange21 さん

    色々書いてあるんだけどこれやってみないとわかんないっていうか、そういう現場にいないから正直全然わからんかったね。

  • よく読む さん

    実際の現場にいって実践して身につけていきたい。

  • Moloko さん

    アジャイル開発が有効な場合において、いかにデザイナーとエンジニアが連携して開発を早く進めていくかという話であったと思うが、これはソフトウェア開発に限らず、プロダクトやサービスのコンセプト出しから試作・実施を早いサイクルで実現できるかという話に通じる所があったと思う。開発から製品化まで必要な部門のスタッフを呼んで横断的なチームにして調整・了解取りをするための厚い書類作りを省き、テストする上では何を学習してどういうインジケータで測るかを定め、プロトタイピングをどこまで行うか戦略的に考えて行う等々。

  • oyamadashokiti さん

    第2版が出たとのことで。デュアルトラックアジャイルや、デザインシステムの話が実業務を行う上で参考になった。監訳の坂田さんはPIVOTAL LABでこの本のプロセスを9割型踏襲していると言っていた。1割の部分は、"ここまでしっかりドキュメントを作らない"だそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェフ・ゴーセルフ

ライター、スピーカー、組織デザイナー。デジタルプロダクトやサービス分野での20年以上の経験を通じて顧客中心やエビデンスベースのアプローチをプロダクト戦略やリーダーシップ・マネージメントに適用。iXL、Fidelity、AOL、WebTrends、TheLaddersなどでさまざまな役割やリーダーシッ

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品