ジェス・ウォルター

人物・団体ページへ

血の奔流 ハヤカワ文庫NV

ジェス・ウォルター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150410025
ISBN 10 : 415041002X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,603p

内容詳細

市民を射殺したという拭えぬ過去に苛まれながら、刑事キャロラインは数十ドルを握らされた女の死の謎を追っていた。まもなく、それが被害者を娼婦だと示す行為と知り、彼女は犯人を追ってバーやポルノ書店を探り回る。だが、その甲斐もなく次々と犠牲者が。やがて殺人鬼はキャロライン自身に異常な興味を示しはじめた…。疼く憎悪、滴る血、忍び寄る牙。冷酷な殺意の奔流が読む者を凍らせるサイコ・サスペンスの新機軸。

【著者紹介】
ジェス・ウォルター : ジャーナリスト、ノンフィクション・ライターとして『ワシントン・ポスト』などに寄稿するかたわら小説を執筆し始める。2001年、処女作『血の奔流』を発表。書評家オットー・ペンズラーに「凶悪犯罪に挑む警察組織の実情が濃やかに描かれている」と評価され、作家ジェイムズ・パタースンからは「読者を惹きつけてはなさないサスペンス」と絶賛された。ワシントン州スポーカン市在住

天野淑子 : 京都大学経済学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 慧 さん

    ★1/2

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェス・ウォルター

作家。1965年生まれ。2005年にCitizen Vinceでアメリカ探偵作家クラブによるエドガー賞長編賞を受賞(『市民ヴィンス』ハヤカワ・ミステリ文庫)、翌年にはThe Zeroが全米図書賞の最終候補作となる(『ザ・ゼロ』岩波書店)。ワシントン州スポーケン在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品