核・細菌・毒物戦争 大量破壊兵器の恐怖

ジェシカ・スターン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062113144
ISBN 10 : 4062113147
フォーマット
出版社
発行年月
2002年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
302p;20

内容詳細

旧ソのずさんな核管理、イラクの隠された兵器のすべて、闇市場に流れる危険物質の実態、細菌攻撃に備える訓練・対処法は、テロを抑止する法律の強化とはなど、差し迫る明日への警告を述べた書。

【著者紹介】
ジェシカ・スターン : 1958年、ニューヨークに生まれる。ハーバード大学ケネディ行政大学院講師。バーナード女子大学で化学学士号、マサチューセッツ工科大学で理学修士号を、さらにハーバード大学で公共政策の博士号を取得。数年間、モスクワで生活した経験があり、ロシア語に堪能。国防関連の最先端科学・テクノロジー開発研究の中枢、ローレンス・リバーモア国立研究所に勤務。1994〜95年、アメリカ国家安全保障会議スタッフとして核密輸防止省庁間グループを担当、ロシア・ウクライナ・ユーラシア問題部長をつとめ、核の密輸とテロリズム対策に尽力する。大量破壊兵器とテロリズムに関する論文多数

常石敬一 : 1943年、東京都に生まれる。東京都立大学理学部を卒業。東京大学工学部助手、東京農業大学を経て、83年、長崎大学教授に。89年より神奈川大学教授。専門は科学史、科学社会学、生物化学兵器軍縮。旧日本軍細菌戦部隊七三一部隊研究の第一人者。94年松本サリン事件、2001年アメリカでの炭疽菌事件後も、毒物博士としてメディアで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カール さん

    NBC兵器の原理や効果を解説から、NBC兵器を用いた攻撃による心理的影響、加害者側の原理、大量虐殺を可能にするテロ加害者側の心理、近年過激化するテロリスト集団、兵器の入手経路、また兵器の開発・使用、ロシアの杜撰な核兵器の管理、大量破壊兵器を作ろうと模索するイラク、そして現状アメリカのテロ対策の不備等、NBC兵器をかなり広範的に解説した上で、諸問題解決の為の提案までも書かれた1冊。所々の記述に時代(2002年頃)を感じるものの、これほど広く深い解説は現在でも全く色あせない。とっても充実した本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェシカ・スターン

1958年、ニューヨークに生まれる。ハーバード大学ケネディ行政大学院講師。バーナード女子大学で化学学士号、マサチューセッツ工科大学で理学修士号を、さらにハーバード大学で公共政策の博士号を取得。数年間、モスクワで生活した経験があり、ロシア語に堪能。国防関連の最先端科学・テクノロジー開発研究の中枢、ロー

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品