ジェイ・b・バーニー

人物・団体ページへ

企業戦略論 競争優位の構築と持続 中 事業戦略編

ジェイ・b・バーニー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478374535
ISBN 10 : 4478374538
フォーマット
出版社
発行年月
2003年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,298p

内容詳細

基本から応用まであらゆる理論を網羅した、全米MBAの人気テキスト。本巻では、企業が脅威を無力化し、機会と強みを活用し、弱みを回避または克服するための具体的行動について、事業戦略を中心に精査する。

【著者紹介】
ジェイ・B・バーニー : オハイオ州立大学経営学部フィッシャー・ビジネススクール企業戦略バンク・ワン・チェアーシップ教授。アメリカ経営戦略領域におけるリソース・ベースト・ビュー発展の原動力となった戦略理論家。1996年にはアメリカ経営学会の経営政策・戦略部会会長を務めた。エール大学で博士号を取得後UCLAで教壇に立ち、テキサスA&Mビジネススクールを経て現在に至る。経営学におけるトップジャーナルとされるAMR、AMJ、AME、SMJ、Management Science等に50を超える掲載論文を持ち、これら多くの学術ジャーナルの編集委員を務める。在職した3つの大学で計5回のティーチング・アウォードを受賞している教育者でもある。さらにヒューレット・パッカード、テキサス・インスツルメンツ、アルコを含む20以上の企業で戦略コンサルティングを行っている

岡田正大 : 慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネススクール)助教授。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。1985年本田技研工業(株)に入社。その後、慶応ビジネススクールにてMBAを取得。アーサー・D・リトル(ジャパン)にてIT業界へのコンサルティングを経験後渡米し、オハイオ州立大学バーニー教授の下で経営学Ph.D.(経営学博士号)を取得し現在に至る。また渡米とともに、Muse Associates社(カリフォルニア州パロアルト)にフェローとして参画、戦略コンサルティング活動も継続している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    上官よりも内容が個別的な問題になっており、垂直統合・コストリーダーシップ・製品差別化が中心でかなり参考になりました。私はこのような本(あまり図や表を入れずに文章で詳しく説明してくれる)があっておりしかも問題を見てもかなり考えさせるものがあり。非常に自習用の教科書としてはいいものであると思いました。

  • 著者の生き様を学ぶ庵さん さん

    上巻に続き、急いで読みましたが、ポーターもバーニーも理論の図式化や二次元モデルの提示にはあまり興味がないのでしょうか。実務者としては辛いです。コストリーダーシップ戦略と差別化戦略のスマイルカーブ(これはポーター)くらいでは役員向けの資料は作れません。時間が迫る。気は焦る。

  • 手押し戦車 さん

    ビジネスで真に競争上の優位性をもたらす強みとは、経済的な価値をもたらすものであり、稀少であり、模倣困難で、組織に根付いているもの。自分たちがしようとしていることが本当に価値のあることであれば、時間の差こそあれ、競合もいずれは真似してくる。本当に意味のある経営資源かどうかを考えるためには、真似ができないか、真似が出来るとしても自社がするよりも他社にとって圧倒的にコストや時間がかかるものかの部分が大事になる。模倣困難が強いほど後続企業にとって真似しにくくなり価値を向上出来る。

  • 駒場 さん

    上巻が本当に基礎の基礎だったのに対し、若干難解に。難解な上に実例がアメリカ企業ばかりなので日本人には少しとっつきにくいような……。たまに「それは違うのでは」と思うところがなくもないが、全体的に見れば良書だし、じっくり読んで理解を深めたい本。【内容】垂直統合・コストリーダーシップ戦略・製品差別化戦略・柔軟性・暗黙的談合

  • Kohei Yamamoto さん

    上巻、外部/内部環境分析に適切なツールの紹介。ツールを用いて明らかになった事柄をも元に、具体的にどのような行動のオプションがあるか、事業戦略のレベルで示したのがこの中巻。 6.垂直統合 バリューチェーンの川上から川下、抑えるほどに垂直統合が進んだ状態であるとし、メリデメがある。 7.コスト・リーダーシップ 規模と学習曲線、國分さんの話に出てきた。U(Unity)型組織:CEOを頂点にした機能型組織 8.製品差別化 顧客の認知の問題 9.柔軟性 10.暗黙的談合 時に暗黙的談合は競争の脅威を無力化する

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品