ジェイムズ・ヒルトン

人物・団体ページへ

失われた地平線 河出文庫

ジェイムズ・ヒルトン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467085
ISBN 10 : 4309467083
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
池央耿 ,  
追加情報
:
280p;15

内容詳細

正体不明の男に乗っ取られた飛行機は、ヒマラヤ山脈のさらに奥地に不時着した。偶然通りかかった謎の集団が導く先には、西洋の技術文明と東洋古来の精神文化が組み合わさった不老不死の楽園があった。世界中で読み継がれ、2度も映画化された冒険小説の名作が、美しい訳文で待望の復刊!

【著者紹介】
ジェイムズ・ヒルトン : 1900‐1954年。『チップス先生、さようなら』『鎧なき騎士』『心の旅路』などの小説がある。『失われた地平線』は『チップス先生〜』とならぶ著者の代表作で、2度映画化されている

池央耿 : 1940年、東京生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒。翻訳家。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りつこ さん

    正体不明の男に乗っ取られた飛行機はヒマラヤ山脈の奥地に不時着。通りかかった集団に導かれて僧院に身を寄せるのだがそこは「蒼い月」が照らす世界…。主人公のコンウェイがしなやかな精神の持ち主で魅力的。戦争で厭世的になっていたコンウェイが徐々にこの地に馴染んでいくのが羨ましいような恐ろしいような…冒頭である程度の想像はつくのだが、この構成も実に見事。物語の吸引力がすごい。人間の幸せとは何かということを考えさせられるし、理性的な人間も「こんなこと」で動いてしまうことがある、というのも分かるなぁ。面白かった!

  • 蛸 さん

    正体不明の男にハイジャックされた飛行機によって連れ去られた四人の西洋人が、チベットの秘境にある桃源郷「シャングリ・ラ」に辿り着くというお話。主人公であるコンウェイの語りを聞いて伝える役割の人物が小説の枠組みとして設定されていたりと話にリアリティを持たせるための仕組みが巧み。冒頭に提示される「引き」としての謎も上手い。

  • akubi さん

    知らずに連れてこられた彼らの不安と恐怖が滲むなか、雪に覆われた山々を照らす色とりどりの光が、美しかった。 息を呑むような山岳風景。 荒ぶる心も、高峻たる秀麗な『蒼い月』の前ではただただ不思議と安堵に洗われるばかり。 どんなことがあろうと抗わずになるように任せ、ときに美しいものに目を留める。 幻想か現実か。その結末は、終わりかはじまりか。なんとも瀟洒。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェイムズ・ヒルトン

1900‐1954年。『チップス先生、さようなら』『鎧なき騎士』『心の旅路』などの小説がある。『失われた地平線』は『チップス先生〜』とならぶ著者の代表作で、2度映画化されている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品