ジェイソン・ボーン プロフィール

ジェイソン・ボーン | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ジェイソン・チャールス・ボーンJason Charles Bourne)、本名:デイヴィッド・ウェッブ(David Webb)は、ロバート・ラドラムの小説『暗殺者』、およびマット・デイモン主演の映画『ボーン・アイデンティティー』に登場する架空の人物。小説・映画ともにシリーズ化され、複数の作品に登場する主人公である。

概要

初出はロバート・ラドラムによって1980年に発表された小説『暗殺者』(原題:The Bourne Identity)。同じくジェイソン・ボーンを主人公とする作品には、1986年の『殺戮のオデッセイ』(原題:The Bourne Supremacy)と1989年の『最後の暗殺者』(原題:The Bourne Ultimatum)の2作品がある。ラドラムの没後にシリーズはエリック・ヴァン・ラストベーダーによって引き継がれ、第4作となる『ボーン・レガシー』が2004年に発表されて以来、2014年の第12作『The Bourne Ascendancy』まで計9作品が発表されている。

小説を元に映画化された「ボーンシリーズ」は、2002年に公開の『ボーン・アイデンティティー』を皮切りに、2004年の第2作『ボーン・スプレマシー』、2007年の第3作『ボーン・アルティメイタム』が製作された。映画版の「ボーンシリーズ」はシリーズが進むにつれて独自性の強いストーリーになっている。また、2012年公開の第4作『ボーン・レガシー』は、ラストベーダーによる小説と同題名であるものの、ジェレミー・レナー演じるアーロン・クロスを主人公とした映画オリジナルのまったく別のストーリーとなっており、同作にはジェイソン・ボーンは登場しない。

小説での経歴

背景

ジェイソン・ボーンの過去は謎に満ちており、それが生涯彼を苦しめることとなる。彼…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%