韓国人による嘘韓論 扶桑社新書

シンシアリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594074371
ISBN 10 : 4594074375
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
追加情報
:
279p;18

内容詳細

シリーズ累計40万部突破! 最新警告!

日本よ、「日韓合意」で油断してはいけない!
韓国の中国へのすり寄りを見逃すな!

・「軍慰安婦は一人が一日に日本兵300人を相手にした」という【嘘】
・韓国の「識字率」はOECD中1位の【嘘】
・「社会の弱者」を演出する市民団体(デモ隊)の【嘘】
・日本の教科書にも掲載、無惨に殺された「抗日闘争」の聖女・柳寛順の【嘘】
・日本海」「旭日旗」は禁忌であるの【嘘】
・日本側の金融機関が150億ドルを急に回収したせいでIMF事態になった」の【嘘】

……「愛国」という名の最強の【嘘】を見破れ!


【目次】
はじめに 韓国人の最大最高の美徳「愛国」は瀕死状態
第一章 暴かれた韓国の無数の嘘
第二章 中国にがんじがらめにされる韓国
第三章 「愛国」の真意を知らず固執する韓国
第四章 韓国人の悪しき「習性」と残念な「読解力」
第五章 「国定教科書」をめぐる狂騒
第六章 韓国が盲信する「絶対真理」
第七章 韓国人の自覚なき「反日感情」
終 章 日本には「内面」に積もった「愛国」がある

【著者紹介】
シンシアリー : 1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。歯科医院をやっている。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日15〜20万PVを超え、日本人に愛読されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keiトモニ さん

    “靖国神社爆破テロ未遂は決して極端な異常な一人の犯行でなく、無数の韓国人が彼に共感、もっと危機感が必要な時です”☜この提言、我々は肝に銘ずべきで、危機・緊張感をもって隣国状況を注視しなければ…。“韓国にとり慰安婦問題は武器、日本を下にするための嘘を事実とする武器”☚何と韓国ブランドの武器!サムソン“火噴きスマホ”みたいだね。潘基文の中国戦勝節行事参席…国連事務総長としてあるまじき行為←誰でもそう思います。ンで、二蝶会構成員桑原はんの“あんな亡国遊戯はやめんかい!”そうです日本人ならパチンコはやめましょう。

  • えっくん さん

    ★★★☆☆韓国人である著者が虚言に満ちた母国を辛辣に批評した第5弾書籍。本書は2015年の慰安婦問題日韓合意の後に発刊されていますが、著者が本書で懸念していた通り韓国は日韓合意の無効化と正式な謝罪を要求する結果となりました。過去に日本は何度も謝罪しては反故にされているので、予想された結果でしょう。これからも慰安婦問題という最強の切札を元に日本への圧力をかけ続けるというのですから困ったものです。著者の本は初読みですが、嫌韓を謳う本はうんざりするほどある中で韓国人の立場から真摯に向き合った内容に驚きました。

  • キック さん

    シンシアリーさんによる韓国論第5弾。韓国の反日に辟易し、1年間積読状態でした。本書の中で、シンシアリーさんは「いずれ、韓国は慰安婦合意を破る。その時、どうするのか」と忠告しています。「韓国が、日本を叩く史上最強の武器を捨てるわけがない」との鋭い分析で、見事に当たりました。日本を常に下に見て、相手が日本なら何をしても良いというのが反日。そう言えば本日、盗んだ仏像は韓国のものという前代未聞の判決が出ましたが、日本相手なら何でもありという典型的な事案です。そろそろ本書も第6弾が出版される頃でしょうか。

  • あなほりふくろう さん

    嘘も吐き通せば本当になる。いや本当と認めさせてしまえばこっちのもの。2015年韓国の動向を「反日」というキーワードをもって解きほぐす一方で、今回は彼らがこれまで重ねて塗り固めてきた「嘘」を解説しています。盛大に愛国を謳いながら、そこに愛はないのだと。悲しいことです。でもこちらがそれに付き合う必要など全くありません。「日本は、日本人のものです」自分は愛国心を国家でなく国土に対するものだと考えてますが、そのために守らねばならぬもの、突っぱねねばならぬものは厳然としてあるんだ、との思いを改めて強く持ちました。

  • AKIKO-WILL さん

    シンシアリーさんの韓国人のシリーズ5冊目です。まだ4冊目を読む前にこちらが出たので読んでしまいました。ブログもよくチェックしていますが、今のリアルタイムな韓国の状況が分かります。次期大統領候補の話が出てきたりと凄く興味深いです。韓国の「デート暴力」による死亡者は、5年間で290人って驚きです。詐欺犯罪が世界一とか。ブログだけではわからない部分も詳しく書いてあり、勉強になりました。知らないより知ることが本当に必要。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シンシアリー

1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。歯科医院を休業し、2017年春より日本へ移住。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。著書も多数。60万部超のベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品