今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る

シンシアリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594082710
ISBN 10 : 4594082718
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
251p;19

内容詳細

累計60万部突破!
「用日」、親日残滓清算、独立有功者の急増、
「親日」と「保守右派」の同一視、
「ニューライト」の台頭……
新たな牙をむく! 「反日思想」の闇

「反日批判」をしながら「反日思想」に縛られる韓国人】
・未来のために日本を積極的に活用する「不忘過去用日未来」
・「反日は北朝鮮が利するだけで、韓国には何の利もない」
・『中央日報』論説委員による「黙って反日しろという愚民化政策」
・「朝鮮戦争のおかげで日本は経済復興できた」は定説中の定説
・「保守右派は親日」という大きな誤解
・「親北でも反日な人が、反共で親日な人よりいい」
・「こいつらは親日派だ」と殉国者の墓に汚物をばらまく
・韓国人作家が指摘した「反日」の後に残る自滅感

【著者プロフィール】
シンシアリー(SincereLEE)
1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。
歯科医院を休業し、2017年春より日本へ移住。母から日韓併合時代に学んだ日本語を教えられ、子供のころから日本の雑誌やアニメで日本語に親しんできた。また、日本の地上波放送のテレビを録画したビデオなどから日本の姿を知り、日本の雑誌や書籍からも、韓国で敵視している日本はどこにも存在しないことを知る。
アメリカの行政学者アレイン・アイルランドが1926年に発表した「The New Korea」に書かれた、韓国が声高に叫ぶ「人類史上最悪の植民地支配」とはおよそかけ離れた日韓併合の真実を世に知らしめるために始めた、韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。
初めての著書『韓国人による恥韓論』、第2弾『韓国人による沈韓論』、第3弾『韓国人が暴く黒韓史』、第4弾『韓国人による震韓論』、第5弾『韓国人による噓韓論』、第6弾『韓国人による北韓論』、第7弾『韓国人による末韓論』、第8弾『韓国人による罪韓論』、第9弾『朝鮮半島統一後に日本に起こること』、第10弾『「徴用工」の悪心』、『なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか』『人を楽にしてくれる国・日本』(扶桑社新書)、『朴槿恵と亡国の民』『なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか』(小社刊)、著書は60万部超のベストセラーとなる。


【著者紹介】
シンシアリー : 1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。歯科医院を休業し、2017年春より日本へ移住。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。著書も多数。60万部超のベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 河童 さん

    題名から、現状の韓国の窮状(特に経済的な側面)を期待しておりました。が、それは間違いでした。むしろ副題にある〜「反日批判」の裏側に迫る〜が正解です。先日読んだ崔碩栄さんの本では反日感情がどのように、なぜ浸透しているのかが中心でしたが、この本は反日批判(反日に対する批判)が韓国人の中にもあることを教えてくれております。反日批判=親日ではないことに注意する必要がありますが、韓国人のなかにとても冷静な判断力をもつ方々がいるということに少しだけ安堵いたします。そういう人はかなりの少数派かもしれませんが。

  • H さん

    韓国ではゴールポストを動かすことが正義であるとか。どう考えても無理だな。

  • おい さん

    韓国の反日思想に対する考察は一読の価値がある。政権の問題でなく韓国人の思想に係るものであり、それを踏まえた対応が必要。 ★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シンシアリー

1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。歯科医院を休業し、2017年春より日本へ移住。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。著書も多数。60万部超のベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品