遠い町から来た話

ショーン・タン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309205779
ISBN 10 : 4309205771
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96

内容詳細

誰にも愛されなかった物からペットを手作りすることや異次元からのちっちゃな交換留学生のこと…。平凡な毎日の奇妙で魔術的な断片に光を当て、多様なスタイルの絵とともに紡いだ珠玉の名作。

【著者紹介】
ショーン・タン : 1974年オーストラリア生まれ。幼い頃から絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学(University of Western Australia)では美術と英文学を修める。これまでに発表したいずれの作品も卓越した内容と表現で評価が高く、オーストラリア児童図書賞など数々の賞を受賞。作品は世界中で翻訳出版されている。現代を代表する新進気鋭のイラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプトアーティストとして活動の場を拡げている

岸本佐知子 : 1960年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ❁かな❁ さん

    とっても素敵な15の作品集!ショーン・タンの作品を読むのは4作目。初めて読んだ『エリック』もこの中に入っていて再読しても可愛くてキュンとし、じーんとする*大好き♡『夏のルール』に出てきた兄弟も登場♪ここに収められた物語は何気ないスケッチやいたずら描きから生み出されたとのこと。装丁にもなってる「壊れたおもちゃ」は背景に日本人潜水夫たちの悲話があり涙が滲む。モノクロの絵やカラフルな絵、いろんな人の文字のコラージュ、新聞記事のようなものもありバラエティ豊か♪私も「火曜日の読書会」メンバーに入れてもらった気分♡

  • Vakira さん

    「アライバル」に感動したので、感動を求めて読んでみた。15編からなる絵本の短編集。2ページものの本当に短いものもある。驚くのはその画風。15編とも異なった世界。タンはやはり凄く素晴らしい!特に表紙の宇宙服的潜水服の「壊れたオモチャ」よく見ると日本の判があったり、「エリック」の最後のページ、「お祖父さんのお話」はなかなか感動ものです。またしてもタンの絵本の可能性への挑戦を感じました。

  • seacalf さん

    摩訶不思議でキュートなイラスト、遊び心が満載の一風変わった絵本。ショーン・タンという人を知っておきたいと思って手に取りました。 子供の頃は知らないことや理解できないことがまだまだ沢山あって、わくわくしたりちょっぴりこわかったりもしたけれど、その時の感覚がふわあっと舞い戻ってきて、世界を違う角度で見つめ直すことができる楽しい読書。想像力を好きなように膨らませていた真っ直ぐな頃の感性を取り戻す、これって稀有な経験よね。

  • nico さん

    その町はどこにでもありそうで、どこにもない町。15の絵本短編集。中でも『水牛』『エリック』『お祖父さんのお話』『備えあれば』が好き。人が相談に来るとのっそり起き上がり、左のひづめでその人が行くべき方角を指し示す水牛。水牛のなんとも言えない愛くるしい表情にほっこり。私にもこれから行くべき方角を教えてほしい。異次元からやって来た、小さな交換留学生エリック。台所の食器棚がお気に入り、というエリックは行動も生態も謎だらけ。けれどいつの間にか家族の心をとらえて離さない愛くるしさは、きっと「お国柄」のせいに違いない。

  • KAZOO さん

    素晴らしい本だと思いました。目次からして工夫されていて、カラフルな楽しい切手で示されています。15の物語が入っているのですが、どれもこれも興味深く読ませてもらいました。シュールなものが多いのですが違和感なく物語の世界に入っていけます。また訳が非常にいいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショーン・タン

1974年オーストラリア生まれ。幼い頃から絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学(University of Western Australia)では美術と英文学を修める。これまでに発表したいずれの作品も卓越した内容と表現で評価が高く、オーストラリア児童図書賞など数々

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品