夏のルール

ショーン・タン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309274843
ISBN 10 : 4309274846
フォーマット
出版社
発行年月
2014年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28X31

内容詳細

きょうだいがいる人もいない人も大人も子供もみんなの心にじん、と残る『アライバル』『遠い町から来た話』のショーン・タンが描くあたらしい夏のものがたり。

【著者紹介】
ショーン・タン : 1974年オーストラリア生まれ。幼い頃から絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。これまでに発表したいずれの作品も卓越した内容と表現で評価が高く、オーストラリア児童図書賞など数々の賞を受賞。作品は世界中で翻訳出版されている。現代を代表する新進気鋭のイラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプトアーティストとして活動の場を広げている。9年の歳月をかけて映画化した『ロスト・シング』で2011年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞

岸本佐知子 : 1960年生まれ。翻訳家。著書に『気になる部分』、『ねにもつタイプ』(講談社エッセイ賞受賞)、『なんらかの事情』がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kanegon69@凍結中 さん

    久しぶりにショーン・タンの世界を堪能した。兄弟のなんとも微笑ましい様子と心象風景を映した独特の世界観。ショーンが生み出すクリーチャーや不思議な世界。そう、これぞショーン・タン。やはり画力が凄くてじぃーっと見入ってしまう。意味のあるルールに意味のないルール。兄弟だけの夏のルール。約束守らないとたいへん!思わず微笑ましくてほっこりしてしまう。「パレードへ遅れないこと」「せっかくの計画を台なしにしないこと」のルールが特に可愛くてたまらない!この世界観が好きな人にはお勧めの一作。改めて原画が見たい衝動に駆られる。

  • シナモン さん

    どのページにもいるカラスが不気味だった。「知らない人に鍵を渡さないこと」でぞくっとし「夏の最後の一日を見のがさないこと」でほっとした。

  • 馨 さん

    アライバルで不思議な魅力全開だった作者の絵本。こちらも、子供の絵本というよりは大人向け、しかも哲学的でした。絵も不思議な生き物や街並みがいつものように出てきて引き込まれます。可愛かったりブキミだったり一概には言えない独特の世界観でした。

  • ❁かな❁ さん

    ショーン・タン作品を読むのは3作目。季節ハズレですみません^^;前から読みたいと思っていたところ見つけたもので(笑)ショーン・タンの『遠い町から来た話』収録の「ぼくらの探検旅行」に登場する著者自身の兄弟がモデルの物語とのこと。「夏のルール」ってどんなことだろう?って開いてみたら、めちゃくちゃシュールで怖くて迫力がありびっくりしました(>_<)ルールの一つ一つは普通な感じではあるのですが、それに対しての絵がスゴイ!!こんな怖い映像でルールを教えられたら必ず守らなくちゃと思うだろうな(笑)最後良かったです★

  • ゆのん さん

    【絵本】永久保存棚に入っている大切な本。カラフルで異生物が沢山登場。6月になり真夏の様な暑さが続くが、この本の夏のルールを実践出来たら暑い夏も楽しいだろうなぁと空想に浸る。182

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品