ショー、アレクセイ(1970-)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

大包囲戦の心像、ヴェルディアーナ セルゲイ・スムバチャン&ロンドン交響楽団

ショー、アレクセイ(1970-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8579061
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ショー:大包囲戦の心像、ヴェルディアーナ

アレクセイ・ショーの『大包囲戦の心像』は1565年に実際に起きた「マルタ包囲戦」を題材にした壮大な作品です。約200隻の船のオスマン帝国軍によるマルタ島侵攻は、歴史上最も情け容赦ない、血塗られた戦いの1つとして記録に残るもので、約4か月の激しい攻防の末、マルタ騎士団が包囲軍の撃退に成功しています。ショーは、オスマン帝国軍が侵略を始めるところから、様々な人々の感情を交えながら戦いのクライマックスと最後の勝利の祝砲までを、迫真の表現で描き出していきます。まるで目の前で戦いが起きているかのような迫真の音楽が壮大なオーケストラの響きで展開します。
 『ヴェルディアーナ(ヴェルディ風)』は、ヴェルディの音楽をサンバ、ボサノヴァ、タンゴのスタイルに変身させた楽しい作品。緊迫感に満ちたヴェルディのドラマが南国の雰囲気に包まれます。(輸入元情報)

【収録情報】
ショー:
1. 大包囲戦の心像 (2014-16)

 第1曲:予感
 第2曲:軍隊への召集
 第3曲:家出
 第4曲:孤独な騎手
 第5曲:グランドマスターの銃弾
 第6曲:若い騎士の夢
 第7曲:蜃気楼
 第8曲:連続砲撃
 第9曲:聖エルモの舟歌
 第10曲:喪失
 第11曲:戦時の子守歌
 第12曲:大きな虚勢
 第13曲:勝利の祝典

2. ヴェルディアーナ(管弦楽版) (2015)

 ロンドン交響楽団
 セルゲイ・スムバチャン(指揮)

 録音時期:209年4月1日、6月4日
 録音場所:Watford Colosseum, Hertfordshire, UK
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アレクセイ・ショーの管弦楽作品集です。 ...

投稿日:2021/08/18 (水)

アレクセイ・ショーの管弦楽作品集です。 ショーはウクライナのキエフ生まれの現代の作曲家だそうで、現在はアメリカに拠点を置いているのだそう。 新鋭の作曲家として幾つかの作品が大手レーベルのCDに散発的に入っているが、自身の作品を集めたアルバムは初めてのようだ。 メインはマルタ包囲戦をテーマに書いた『大包囲戦の心像』と言う作品。 描写的な作品で作品名から想像すると常に派手な作品に思えるが、必ずしもそうではなく淡いメロディが出てきたり、かと思えば激しかったりと、曲調はコロコロとかわり映画音楽のよう。 『ヴェルディニアーナ』はヴェルディの名作をラテン調にアレンジした小品で日本でも演奏されているらしい。 これらを演奏するのはセルゲイ・スムバチャン指揮、ロンドン交響楽団である。 スムバチャンはアルメニア出身の指揮者で、幾つかの録音はあるようだがナクソスにはこれが初登場。 なかなか良い指揮をする人で上手くロンドン交響楽団を纏めている。 またロンドン交響楽団のキラキラしたサウンドもなかなか上手く合っており、隠れた名盤と言えるでしょう。 録音は良好。

レインボー さん | 不明 | 不明

0

おすすめの商品