CD

Piano Works: 中村紘子(P)

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCR2646
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ショパン名演集
中村紘子(p)

中村紘子が最も得意とするショパンの作品から、誰にも耳馴染みのある13曲を集めたベスト・アルバム。華麗な名技で彩られたワルツ、民族的感情がダイナミックに描かれたポロネーズ、詩情あふれるノクターンなどなど…。ショパンのピアノ曲のエッセンスと中村紘子の演奏の魅力が満喫できる格好の一枚。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
中村さんのショパンは魅力的です。迫力と美...

投稿日:2018/01/29 (月)

中村さんのショパンは魅力的です。迫力と美しさが絶妙なバランスで同居しています。当然演奏会で生演奏を聴くと更にその感動が凄いのですが。1999年のデビュー40周年コンサートなどでは、ホロビッツをも凌ぐ、ピアノが壊れそうな大迫力の演奏で感激しました。もっと長生きしてほしかったです。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
☆
1965年第7回ショパンピアノコンクール第4位...

投稿日:2008/11/11 (火)

1965年第7回ショパンピアノコンクール第4位に入賞(第1位はあのアルゲリッチ)した中村紘子が確か1969年に収録したショパン・ピアノピース集ならまだ20才代のある意味で当時これからが注目された盤です。演奏はポピュラーな曲ばかりですが、彼女の若さと純欄な情感が確とした技巧を支えに無難な出来上がりとなっております。時として男性的な面も見せ私はショパン弾きには男女どちらが向いているのか・・性別に演奏は無関係なのか何か底流に横たわっている一つの価値命題かもしれません。閑話休題、本盤は日本の愛好家には素晴らしい盤です。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品