CD 輸入盤

練習曲集(ナショナル・エディション5) ヤブウォンスキ

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDB007
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ショパン・ナショナル・エディション-5

【収録情報】
・ショパン:練習曲 op.10
・ショパン:練習曲 op.25
・ショパン:3つの新しい練習曲
 クシシュトフ・ヤブウォンスキ(ピアノ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショパン作品の中でもエチュードは一番好き...

投稿日:2011/11/10 (木)

ショパン作品の中でもエチュードは一番好きで、最初はポリーニから始まりましたし、無人島に1枚だけ持って行くならポリーニだと長年思っていましたが、このヤブウォンスキを聴いてからあっさり入れ替わりました。 楽譜を見ながら聴くのが好きなんですが、ヤブさん、スラーもレガートも楽譜そのものでびっくりしました。他のピアニストは一連のフレーズの中でも山場を作る為に途中で分割してることが多いのに、ヤブさんは一気に歌いきってます。これには感動というか感心というか、心揺さぶられました。 私の中では、練習曲の中で最高の出来だと思います。

ごるし さん | 広島県 | 不明

5
★
★
★
★
★
聞きました。物凄く明晰な録音で、情報量が...

投稿日:2011/08/11 (木)

聞きました。物凄く明晰な録音で、情報量が物凄く多いです。同じレーベルから彼の前奏曲集も出てますが、それとは傾向の違う録音です。まず驚くのは、例えば作品10−2ですが、左手の音符の長さが極めて正確です。ここは超絶技巧を売りにした決定的名盤といわれてる録音でも、結構デタラメで、速度に乗って和声でごまかすのでウンザリします。ただし自分でも練習している人でないとまず気がつかない部分ではあります。それを聞き取らせるためにココまで明晰な音の録り方を採用したのではないかと思うほど見事な仕上がりです。このレベルで左手を仕上げた録音は始めて聞きました。音の長さがデタラメな演奏を名盤と持ち上げる人達もどうかしてると思うけど(だいたいそれでは練習になってないでしょうに)、その分相当にシビアな録音です。とにかく細かいところまで正確に聞き取らせることを意図して作っていると思う。隅々まで凄い録音だと思います。SACDでも出て欲しい。

ポテトチップス さん | 北海道 | 不明

6
★
★
★
☆
☆
大好きなピアニストで技巧の素晴らしさも理...

投稿日:2011/01/03 (月)

大好きなピアニストで技巧の素晴らしさも理解しているが、 この作品は音楽として楽しめなかった。音楽ファン向けで はないのかも? いっしょに買った前奏曲集、即興曲集は素敵な音楽だった。

メルロ さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品