CD 輸入盤

幻のショパン・レコーディング1965 アルゲリッチ(ピアノ)

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5568052
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アルゲリッチ未発表録音集

1965年ステレオ録音。3つの国際コンクールに優勝して一大センセーションを巻き起こしていた頃のアルゲリッチが、EMIからのリクエストに応じて録音を行ったにも関わらず、急遽決定したドイツ・グラモフォンとの専属契約のために、オクラ入りになってしまっていたという音源のCD化です。
 収録作品は《英雄ポロネーズ》ほか、すべてショパンの有名曲。最新技術によるリマスターで、音質も実にみずみずしく蘇っており、ダイナミズムとリリシズムの両立したショパン演奏がたっぷり楽しめます。
 また、解説書には当時のプロデューサーによる回想が掲載され、アルゲリッチが実際に好んだのはEMIの音であったことなど記されているのも興味深いところです。

収録曲   

  • 01. No. 37 in a Flat, Op. 59/2 (1845)
  • 02. Presto, Non Tanto
  • 03. No. 4 in F, Op. 15/1
  • 04. No. 3 in C Sharp Minor, Op. 39 (1839)
  • 05. No. 6 in a Flat, Op. 53, 'Heroic'
  • 06. Largo
  • 07. Scherzo
  • 08. Allegro Maestoso
  • 09. No. 36 in a Minor, Op. 59/1 (1845)
  • 10. No. 38 in F Sharp Minor, Op. 59/3 (1845)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この録音がされた当時のショパン国際ピアノ...

投稿日:2010/08/31 (火)

この録音がされた当時のショパン国際ピアノコンクールは厳冬の3月に行われていたそうですが、このディスクは、アルゲリッチがそのショパン・コンクールに優勝してからおよそ3ヶ月後の6月にロンドンのアビーロード・スタジオにおいて録音された現在まで未発表のオール・ショパン・プログラムによるアルバムです。ジャケットを含むブックレットの写真すべてがショパンコンクールの時のフィルムが使用されているせいか、現在でもごく一部でこのCDは、アルゲリッチのショパン・コンクールのライヴ録音だなどと誤った情報の元出回っているのは少し残念な気がします。 ブックレットには、当時のプロデューサーによる”回想”やショパン・コンクール開催中および優勝直後の現地新聞のレヴューが掲載されていて非常に面白い読み物となっています。 作品59の「3つのマズルカ集」が特に素晴らしく、クラウディオ・アラウのベートーヴェン演奏がドイツ人よりもドイツ的ならアルゲリッチによるショパンのマズルカは、ポーランド人よりもポーランド的だと言ってもよいと思います!!!!!

Marthy さん | POLAND | 不明

3
★
★
★
★
★
この録音がされた当時のショパン国際ピアノ...

投稿日:2010/08/31 (火)

この録音がされた当時のショパン国際ピアノコンクールは厳冬の3月に行われていたそうですが、このディスクは、アルゲリッチがそのショパン・コンクールに優勝してからおよそ3ヶ月後の6月にロンドンのアビーロード・スタジオにおいて録音された現在まで未発表のオール・ショパン・プログラムによるアルバムです。ジャケットを含むブックレットの写真すべてがショパンコンクールの時のフィルムが使用されているせいか、現在でもごく一部でこのCDは、アルゲリッチのショパン・コンクールのライヴ録音だなどと誤った情報の元出回っているのは少し残念な気がします。 ブックレットには、当時のプロデューサーによる”回想”やショパン・コンクール開催中および優勝直後の現地新聞のレヴューが掲載されていて非常に面白い読み物となっています。 作品59の「3つのマズルカ集」が特に素晴らしく、クラウディオ・アラウのベートーヴェン演奏がドイツ人よりもドイツ的ならアルゲリッチによるショパンのマズルカは、ポーランド人よりもポーランド的だと言ってもよいと思います!!!!!

Marthy さん | POLAND | 不明

1
★
★
★
★
☆
弾き放たれたショパンと言う感じで彼女なら...

投稿日:2010/03/06 (土)

弾き放たれたショパンと言う感じで彼女ならではの強いスピリットがやはり魅力です。ラテン系のこのキレは端々にまで生命感にあふれ演奏の行為そのものこそはエンタテイメントなんだと今更思います。ショパンのこれ等は聴き易き旋律のため色々な奏者の違いが鮮明ですが、他の奏者のものも少し集めようかと思った次第です。録音とオトはいいほうです。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品