CD 輸入盤

ポリーニ/幻想ポロネーズ、舟歌〜ショパン後期作品集

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4796127
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ポリーニ/ショパン後期作品集
幻想ポロネーズ、舟歌、小犬のワルツ、ほか超メジャー傑作が満載!


現代最高のピアニスト、円熟を極める楽壇の至宝による再録音を含めたショパン録音。最高の熟成を醸すショパン!
結核により体調が悪化する中、ショパンがサンドとの破局を迎えた1845年から1847年に作曲された晩年の作品集。どん底にあって創作数が減った時期ながら、生み出された作品はどれも驚異的な素晴らしさ!(輸入元情報)

【収録情報】
ショパン:
●舟歌 嬰ヘ長調 作品60
●3つのマズルカ 作品59(第36番 イ短調、第37番 変イ長調、第38番 嬰ヘ短調)
●幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
●2つの夜想曲 作品62(第17番 ロ長調、第18番 ホ長調)
●3つのマズルカ 作品63(第39番 ロ長調、第40番 ヘ短調、第41番 嬰ハ短調)
●3つのワルツ 作品64(第6番 変ニ長調 《小犬》、第7番 嬰ハ短調、第8番 変イ長調)
●マズルカ 作品68の4(第49番 ヘ短調)

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

 録音時期:2015年-2016年
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

  • 01. Barcarolle in F Sharp Major, Op. 60
  • 02. No. 1 in a Minor. Moderato
  • 03. No. 2 in a Flat Major. Allegretto
  • 04. No. 3 in F Sharp minor. Vivace
  • 05. Polonaise-Fantaisie in a Flat Major, Op. 61
  • 06. No. 1 in B Major. Andante
  • 07. No. 2 in E Major. Lento
  • 08. No. 1 in B Major. Vivace
  • 09. No. 2 in F minor. Lento
  • 10. No. 3 in C Sharp minor. Allegretto
  • 11. No. 1 in D Flat Major. Molto Vivace
  • 12. No. 2 in C Sharp minor. Tempo Giusto
  • 13. No. 3 in a Flat Major. Moderato
  • 14. No. 4 Andantino

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ここに来てポリーニの円熟味はまことに素晴...

投稿日:2018/12/31 (月)

ここに来てポリーニの円熟味はまことに素晴らしく、演奏芸術の最高域に達したといって良いと思います。技術の衰えが・・・というのは愚の骨頂で、それを超て語るべきものと思います。非常にピュアで、ショパンの存在しか感じないくらいのもの。今後ポリーニが最後に枯れゆくさままでしっかり見届けたいと思います。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
人は音楽に何を聞くのだろう それは何を歌...

投稿日:2018/10/07 (日)

人は音楽に何を聞くのだろう それは何を歌うということにも通じる ”ショパン”を聴く人は或いは弾く人はそこで何を見何を聴き何を思うのか わたしはピアニストが嫌いだ 自惚れというか高慢というか音楽をすることから一番遠くにいる人たちと見える ピアノ以外何も見えていないとも感じる その象徴が”ショパンのピアノ”だと思ってきた 忌避してきたショパンを何故聴くのかの問いには明確に答えられる それはポリーニの演奏で”エチュード集”を聴いたことと”ポロネーズ集”(SACDシングルレイヤー)を聴いたことに拠る 一言で言えば”ショパン”の表情が見え声が聴こえた ”ショパン”という人間に出会えたからだ 彼の音楽が持つ機能とそこに宿る紛れも無い真情がポリーニの手によって伝えられたのだ さてこの後期作品集は美しい 夭折寸前のショパンが書く音楽から何が見え聴こえたか それはわたしに問われていることで ポリーニに責を負わせる範疇にない ポリーニはそこにあるがままを弾いたのだ 演奏家はそれでいい あなたも如何 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
私はピアノに関しては初心者ですが、このCD...

投稿日:2018/06/13 (水)

私はピアノに関しては初心者ですが、このCDを聴いて、心が温まるというか、幸せな気分にさせてくれる、そんな演奏でした。最初の舟歌は出だしがキラキラしていて、細部のピアニッシモは音が出る限界の指使いではないかと思われるぐらいに感じられて、それもまた心地が良かったのです。 私の宝物になりました。

apteekkari37 さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト