CD

ピアノ協奏曲第1番、第2番 ラン・ラン、メータ&ウィーン・フィル

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1436
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ショパン:ピアノ協奏曲第1番、第2番
ラン・ラン、メータ&ウィーン・フィル

ショパン生誕200年(2010年)に向けて強力リリース。
ラン・ラン待望のショパン協奏曲。共演はウィーン・フィル!
 長年様々なオーケストラとこれらの協奏曲を共演して「技巧的な表現力とリリカルなトーン」で絶賛を浴びてきたラン・ランが遂に録音。バックを固めるのはメータ指揮のウィーン・フィル。
 北京五輪で全世界の注目を集める中国。欧米で最も有名な中国人の若者であるラン・ランも各方面から注目を集めています。
 最近の活躍:ユニセフの国際親善大使に任命(2004年から)され、グラミー賞の授賞式でハービー・ハンコックと共演し(2008年2月)、北京五輪関連では2007年8月のカウントダウン・イベントから2008年本番の開会式での演奏まで、折に触れての登場が。モンブランやアウディが自社ブランドのアンバサダーに起用。スタインウェイが「ラン・ラン・モデル」のピアノを発売したほか、アディダスはadidas Originals for Lang Lang-Gazelleスペシャル・エディションというラン・ラン・モデルのスニーカーを限定発売し、ソニーがスポンサー契約を結ぶなど、ラヴ・コールは過熱する一方。また、2008年7月には『奇跡のピアニスト 郎朗(ラン・ラン)自伝』という自伝の和訳本が発売されました。(ユニバーサル)

ショパン:
・ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 作品21
・ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11
 ラン・ラン(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ズービン・メータ(指揮)
 録音:2008年6月 ウィーン、ムジークフェラインザール(デジタル)

内容詳細

ラン・ランによるショパンのピアノ協奏曲集。2010年のショパン生誕200年に向けて発表されたアルバムだ。ラン・ランの豊かな感受性に富んだ演奏を、メータ、ウィーン・フィルがしっかりと支えている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
すごい布陣による盤だが、この曲をラン・ラ...

投稿日:2019/08/14 (水)

すごい布陣による盤だが、この曲をラン・ランで聴く必要はなさそうだ。技巧が云々といわれているようだが、その良さもこの曲では目立ったものとしては感じられなかった。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
現在、飛ぶ鳥を落とす勢いのラン・ランが、...

投稿日:2010/03/09 (火)

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いのラン・ランが、ショパンをどのように弾くのか、2年前の出張中にサンフランシスコ交響楽団との協演を聴く機会があった。ここでは、良く言えば、大変、明朗快活な演奏、悪く言えばアクロバチックな演奏だった。改めて、このCDを聴き直し、実演で受けた印象は変わっていない。聞き手の好みと言えばそれまでなのだが、ラン・ランの演奏には陰影といったものを感じることが少ない。短調の曲でさえ長調に聞こえる。これを一つの演奏スタイルではあるが、私などのように、ショパンの協奏曲に静的、また、事象の陰を演奏で表現してもらいたいと思っていると、全曲を聴き続けるにはつらいものが有る。技巧的には全盛期のホロビッツを凌駕するかもしれないが、ホロビッツには鬱的狂気といったものが演奏には感じられ、それが彼の弾くショパンなどはたまらない魅力でもあった。今後、かれの演奏スタイルがどのように変化するか解らないが、かつてのヴァン・クライバーンのようにはならないことを願っている。

Kitaraマニア さん | 北海道 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
いい演奏ですが、技巧に走ってデリカシーに...

投稿日:2009/01/30 (金)

いい演奏ですが、技巧に走ってデリカシーに欠ける箇所が気になります。ユンディ・リの第1番を聴けば、その違いが分かると思います。リは繊細な美しさに満ちた素晴らしい演奏です。第1番ではリに軍配が上がりますが、この二人は若手の中で抜群であり、注目しています。

ALOHA21 さん | 静岡県伊東市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品