SACD

【中古:盤質A】 ピアノ協奏曲第1番、第2番 仲道郁代(1841年製プレイエル)有田正広&クラシカル・プレイヤーズ東京

ショパン (1810-1849)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
SACD(ハイブリッド),
コメント
:
帯ツメ跡小
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
COGQ49
レーベル
日本
フォーマット
SACD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ショパン:ピアノ協奏曲第1番、第2番
仲道郁代(ピアノ:オリジナル・プレイエル)
有田正広&クラシカル・プレイヤーズ東京


【ショパン・イヤーの最後を飾る、歴史に残る偉業!】
生誕200年のショパンイヤーの最後を飾る、世界に誇るべきレコーディングがこの夏おこなわれました。ショパンが最も愛した楽器、プレイエルを使った、時代楽器によるショパンの協奏曲全2曲です。
 「もしショパンがいなかったら、私はピアニストにはならなかった…」と語る、日本を代表するピアニストの一人、仲道郁代にとって、NHKが2007年に放送した番組「ピアノの詩人 ショパンのミステリー」への出演は、自身の大きな転機となりました。番組で、仲道の大きな興味をひいたのが、ショパンが愛用していた「プレイエル社製のピアノ」。現代のピアノとは大きく異なる特性のその楽器を実際に弾いてみることで、それまでなかなか解決できないできたショパン独特のピアノの用法について、目から鱗が落ちる思いであったといいます。それ以後、彼女は様々な時代の歴史的楽器を実際に弾いて、その楽譜の意味するところを直接に感じ取り、現代楽器での演奏に活かすようなります。そして、歴史的ピアノの演奏を実際のコンサートで披露するようになります。
 一方の有田は、ルネサンスから現代までの様々なフルートのコレクションで有名ですが、実はたくさんの鍵盤楽器も所有しています。彼の持つ1841年製のプレイエルは、ショパンの愛用していた楽器と全く同じモデルであり、しかも何本かの低音弦が切れていた以外はハンマーも含めて当時のオリジナルのまま保存されていた奇跡的な楽器です。有田は、その前身である東京バッハ・モーツァルト・オーケストラを発展的に解消してクラシカル・プレイヤーズ東京を新たに主宰、レパートリーをロマン派へと拡げる野心的な試みをスタートしていました。有田正広と仲道郁代の出会いは、もはや必然であったといってもよいものだったのです。

【今回のレコーディングの特徴】
・オリジナル・プレイエルを使用。
ショパンは、「気分がすぐれないときは、エラールを弾く、それなりの音を出すから。体調のよい時は、プレイエルを弾く。自分自身を自由に表現できるから。」と言ったと伝えられています。そのオリジナルのプレイエルが持つ極めてデリケートで美しい音色が堪能できます。歴史楽器を使ったショパンの協奏曲では、エラール社の楽器を使ったものが知られていますが、このプレイエルの美しい響きは筆舌に尽くしがたいものです。シングル・エスケープメントという機構を持つこの楽器は、鍵盤を完全に上げないと同音連打が出来ないという特徴があります。それは、速いパセージでの演奏を難しくする反面、楽器の特性を素直に活かすことが、実にロマンティックな表現に結びついてゆくことを図らずも実証しています。管弦楽も、当時の楽器を揃えて万全のサポート体制をとりました。

・ピアノ独奏部分では、オーケストラも「独奏」
歴史的習慣にもとづき、ピアノ独奏部分では、弦楽器も独奏としています。これによりピアノとオーケストラの音量的バランスの問題は完全に解決されました。ピアニストは、管弦楽とのバランスに神経をすり減らすことなくプレイエルの繊細な音色をとことん追求することが可能でした。緩徐楽章の夢を見るような美しさは、まったく時間が経過を忘れさせるほどです。
 また、ソリストと管弦楽の音楽的対話が極めて親密に交わされている点も、室内楽と同様の編成での演奏ならでは、といえましょう。「ショパンの管弦楽は貧弱」というのは、俗説に過ぎなかったのだと聴くものを納得させるに十分なものです。(日本コロムビア)

【収録情報】
ショパン:
・ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11
・ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 作品21

 仲道郁代(ピアノ、1841年パリ・プレイエル社製)
 クラシカル・プレイヤーズ東京
 有田正広(指揮)

 録音時期:2010年8月2日〜6日
 録音場所:東京芸術劇場大ホール
 録音方式:デジタル
 SACD Hybrid

【仲道郁代 Ikuyo Nakamichi】
第51回日本音楽コンクール第1位を受賞。温かい音色と叙情性、卓越した音楽性が高く評価され、日本を代表するピアニストとして第一線で活躍。レコーディングはSony Music Japan Internationalと専属契約を結び、多数のCDをリリース。編著には『CDでわかる ショパン鍵盤のミステリー』(ナツメ社刊)等がある。(日本コロムビア)

収録曲   

  • 01. ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 T-Allegro maestoso
  • 02. ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 U-Romanze;Larghetto
  • 03. ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 V-Rondo;Vivace
  • 04. ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21 T-Maestoso
  • 05. ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21 U-Larghetto
  • 06. ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21 V-Allegro vivace

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショパンのピアノ協奏曲は、 ツィマーマン...

投稿日:2012/04/23 (月)

ショパンのピアノ協奏曲は、 ツィマーマン(指揮,ピアノ)&ポーランド祝祭管弦楽団で1番、2番を愛聴し、ときおり、クララ・ハスキル(ピアノ)、ラファエル・クーベリック指揮パリ音楽院管弦楽団でピアノ協奏曲2番を聴いているのですが、ハスキルのクリスタルトーンや ツィマーマンのピアノを好んで聴いていても、この演奏はいいと思います。ピアノの音は確かに、息が短く、儚く消え、弦楽器もビブラートのかからない音ゆえの問題を感じる方もいるかもしれませんが、この演奏には、どこか、暖かさと、優しさのような響きを感じます。また、楽譜も初版に近いものにこだわったことで、ピアノと掛け合う室内楽編成サイズの楽器の音にも発見があります。大きなオーケストラ編成では、消えてしまうパートの音や、儚い音同士の掛け合いの妙は、他にはない醍醐味すら感じられます。素直にいい演奏だなと、繰り返し聴きたくなる魅力があります。特に1番の2楽章。素敵な演奏です。

バイオリン ぱぱ さん | 茨城県 | 不明

6
★
★
★
★
★
仲道郁代は、最近でこそベートーヴェンのピ...

投稿日:2011/04/10 (日)

仲道郁代は、最近でこそベートーヴェンのピアノソナタ全集や、パーヴォ・ヤルヴィと組んだベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の名演によって、稀代のベートーヴェン弾きとの評価が定着しつつあるが、もともとはショパンを得意としていたピアニストであったと言える。仲道自身も、「ショパンがいなかったらピアニストにはならなかった」などと発言するなどショパンへの深い愛着を隠そうとはしておらず、特にモダン楽器を使用しての演奏には定評がある。そのような仲道が、ショパンイヤーを記念して行った録音が、本盤におさめられたピアノ協奏曲第1番及び第2番だ。本演奏の特徴は、オーケストラにピリオド楽器を使用するとともに、何よりもピアノに、ショパンが自分自身を自由に表現できるとして好んで弾いていたプレイエルを使用している点であろう。しかも、1841年製のプレイエルということで、ショパンが使用していたのと同時代のピアノであるということであり、これは、ショパンのピアノ作品を再現するには最高のアイテムということになるのではないだろうか。現代のスタンウェイなどのピアノの音に慣れた耳からすると、聴き手によっては違和感を感じることもあろうかとも思うが、現代のピアノでは表現し得ない独特の繊細さが付加されており、私としては今般のプレイエルの使用を大いに歓迎したい。また、前述のようなピリオド楽器の使用や、ピアノ独奏部分においては弦楽器による独奏も聴かれるなど、ショパンの時代における演奏様式を再現しようという徹底ぶりには、指揮者とピアニストのこの演奏にかける熱意とあくなき探究心が大いに感じられるのが素晴らしい。このような徹底ぶりは、近年の古楽器奏法やピリオド楽器を活用した演奏にも一部みられるように、学術的には貴重であっても芸術的な感動からはほど遠い浅薄な演奏に陥ってしまう危険性もあるが、本演奏に限ってはそのような危険にはいささかも陥っていない。仲道の馥郁たる情感豊かなピアニズムは、演奏全体が無味乾燥になることを防ぎ、どこをとってもニュアンス豊かなロマンティシズム溢れる演奏に仕立てあげるのに大きく貢献していると言える。有田正弘&クラシカル・プレイヤーズ東京は、もともとバッハなどのバロック音楽の演奏において名を馳せてきた団体であるが、本演奏では、ピリオド楽器の効果的な使用により、仲道が弾くプレイエルのピアノを巧みに引き立てつつ、従来型のショパン演奏に清新さを吹き込んだ点を高く評価したい。マルチチャンネル付きのSACDによる極上の高音質録音も、本盤の価値を高めるものとして大いに歓迎したい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

6
★
★
★
☆
☆
100%好みの問題で恐縮だが、どうもこのピ...

投稿日:2011/03/23 (水)

100%好みの問題で恐縮だが、どうもこのピアノの音は好きでない。ベートーヴェンでもモーツァルトでも、協奏曲でこの音が気に入った例がない。(ヴァイオリン・ソナタの伴奏では違和感がなくいろいろ聴いているが)今回も懲りもせず、しかも興味津々で取り寄せてみたが結果は同じ。ピアノは、特にショパンのピアノはそれなりの音量で玲瓏と鳴ってくれるのが当方の好みらしい。ちなみにSACDでは小山盤を選ぶ。

チッチ さん | 愛知県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品