ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Viola Sonata: Bashmet, Muntian+glinka, Roslavets

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
09026.61273
組み枚数
:
1
レーベル
:
RCA
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

  • ボムソリ&ブレハッチ/ヴァイオリン・ソナタ集 2005年のショパン国際ピアノ・コンクールの完全覇者ブレハッチが、昨年ワーナー・クラシックスからCDデビューしたヴァイオリニストのキム・ボムソリと、ドビュッシー、フォーレ、シマノフスキのヴァイオリン・ソナタを録音。 HMV&BOOKS online|2日前
  • ジュリアード弦楽四重奏団/コンプリートRCAレコーディングズ(11CD) ジュリアード弦楽四重奏団が1957年から1960年にかけてのステレオ移行期に、RCAに移籍して録音した11枚分のアルバムがボックス・セット化。 HMV&BOOKS online|2日前
  • ジャン=フィリップ・コラール、他/オーリック:心象の産物第1-6集 『心象の産物』は、1968年から作曲を始めた作品で、オーリックより若い作曲家の仲間たちの影響を受けたより現代的なスタイルで、さまざまな楽器の組み合わせのための書かれた、重要な作品のひとつです。コラール、デボストなど1970年代のフランスの名アーティストらが演奏した貴重な音源が、初CD化で登場。オリジナル・マスタテープより、2018年24bit/96kHzリマスターが施されています。 HMV&BOOKS online|2日前
  • イブラギモヴァ&ティベルギアン/フランク:ヴァイオリン・ソナタ、他 アリーナ・イブラギモヴァとセドリック・ティベルギアンの新録音が登場!フランク:ヴァイオリン・ソナタのほか、イザイ:悲劇的な詩、ヴィエルヌ:ヴァイオリン・ソナタ、リリ・ブーランジェ:夜想曲を収録。 HMV&BOOKS online|2018年12月4日(火)
  • アルカエウス四重奏団/サルゼード:弦楽四重奏曲集 ロンドンに生まれて王立音楽大学で学び、生涯サウス・イースト・イングランドに暮らしたサルゼード。弦楽四重奏曲はどれもたいへん魅力的で聴きやすく、常にどこか影を引きずるようなメランコリックな作風には、ユダヤ系である彼の音楽的ルーツが色濃く反映されているほか、シベリウスの大きな影響を受けています。 HMV&BOOKS online|2018年12月4日(火)
  • ジェイムズ・ダットン/牧歌〜英国の知られざるフルート作品 1900年代英国のフルート作品を集めたアルバム。収録曲の多くは王立音楽大学で学んだ、あるいは教鞭をとった作曲家によるもので、全て世界初録音(プライベートの録音を除く)となっています。いずれも英国らしく聴きやすい作品を、メニューイン・ホールの伸びやかな響きを拾った美しい録音で楽しむことが出来ます。 HMV&BOOKS online|2018年12月4日(火)

おすすめの商品