ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

SHM-CD

ダンス・アルバム〜『ボルト』組曲、『馬あぶ』より、『モスクワ〜チェリョムーシカ』組曲 リッカルド・シャイー&フィラデルフィア管弦楽団

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD52039
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

デッカ定盤PREMIUM
ショスタコーヴィチ/ダンス・アルバム
リッカルド・シャイー


【グリーン・カラー・レーベルコート】【ルビジウム・クロック・カッティング】
シャイー&フィラデルフィア管弦楽団の初顔合わせとなったショスタコーヴィチの録音。ショスタコーヴィチの音楽につきまとう小難しいイメージが、一遍に払拭されるような愉しいリズミックなアルバムです。風刺の効いた、茶目っ気たっぷりのメロディは、どこか懐かしく哀愁を感じさせます。娯楽作品といえども最高級の輝きを持ったダンス・アルバムです。(メーカー資料より)

【収録情報】
ショスタコーヴィチ:
1.《モスクワ〜チェリョムーシカ》組曲
2. バレエ組曲《ボルト》
3. 映画音楽《馬あぶ》(抜粋)

フィラデルフィア管弦楽団
指揮:リッカルド・シャイー

録音:1995年12月 ニュージャージー州、コーリングスウッド

収録曲   

  • 01. オペレッタ≪モスクワ・チェリョムーシカ≫作品105 モスクワを疾走
  • 02. 組曲≪モスクワのチェリョームシカ≫ ワルツ
  • 03. 組曲≪モスクワのチェリョームシカ≫ 舞曲: ポルカ - ギャロップ
  • 04. 組曲≪モスクワのチェリョームシカ≫ バレエ
  • 05. 組曲≪ボルト≫作品27A 序奏
  • 06. 組曲≪ボルト≫作品27A ポルカ
  • 07. 組曲≪ボルト≫作品27A 変奏曲
  • 08. 組曲≪ボルト≫作品27a タンゴ
  • 09. 組曲≪ボルト≫作品27A 間奏曲
  • 10. 組曲≪ボルト≫作品27A 終曲
  • 11. ≪馬あぶ≫ 序曲
  • 12. ≪馬あぶ≫ 巌
  • 13. ≪馬あぶ≫ 青春(ロマンス)
  • 14. ≪馬あぶ≫ びんた
  • 15. ≪馬あぶ≫ 手回しオルガン
  • 16. ≪馬あぶ≫ コントルダンス
  • 17. ≪馬あぶ≫ ギャロップ
  • 18. ≪馬あぶ≫ 市場
  • 19. ≪馬あぶ≫ 逃走
  • 20. ≪馬あぶ≫ モンタネッリ通路
  • 21. ≪馬あぶ≫ フィナーレ
  • 22. ≪馬あぶ≫ オーストリア人
  • 23. ≪馬あぶ≫ ジェンマの部屋

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フィラデルフィア管弦楽団のカラーのせいも...

投稿日:2009/09/03 (木)

フィラデルフィア管弦楽団のカラーのせいもあるが、演奏はかなり良い。特にボルトの終曲のユーフォニアムのソロの部分はゴージャスだ。(すぐ終わるのが惜しい)またこのCDに収録されている馬あぶは組曲版ではなく作曲家オリジナルのオーケストレーションで組曲版とは曲によってはかなり印象が違う。聴き比べてみるのも面白いと思う。

0
★
★
★
★
★
フィラデルフィア菅の演奏は非常にゴージャ...

投稿日:2008/12/17 (水)

フィラデルフィア菅の演奏は非常にゴージャスです。 特にボルトの終曲は名演です! またこのCDに収録されている、馬あぶは有名な組曲ではなく、オリジナル版からの抜粋だそうで、ショスタコーヴィチが作曲したそのままのアレンジが聴けるという事はファンとして嬉しいです。

2
★
★
★
★
★
最高です。名演です。

投稿日:2008/07/05 (土)

最高です。名演です。

ため さん | 鹿児島 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品