ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Sym, 5, : Muti / Philadelphia O +festive Overture

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7548032
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Dmitri Shostakovich (1906 - 1975)
    Symphony no 5 in D minor, Op. 47
    演奏者 :

    指揮者 :
    Muti, Riccardo
    楽団  :
    Philadelphia Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1937, USSR
    • 言語 :
    • 時間 : 47:31
    • 録音場所 : 04/1992, Memorial Hall, Fairmount Park, Philadelp [Studio]
  • Dmitri Shostakovich (1906 - 1975)
    Festive Overture, Op. 96
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Overture
    • 作曲/編集場所 : 1954, USSR
    • 言語 :
    • 時間 : 6:20
    • 録音場所 : 04/1992, Memorial Hall, Fairmount Park, Philadelp [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
聴き終えたときの感動は筆舌に尽くし難いほ...

投稿日:2019/12/30 (月)

聴き終えたときの感動は筆舌に尽くし難いほどだ。こんな名演があったとは、いや超名演だ。これは二曲に言える。ともかくフィラデルフィアが上手い。交響曲ではムラヴィンスキーもいい、ハイティンクもいい、でもこのムーティを是非とも聴いてほしいと思いました。祝典序曲は名曲だ。ここでもフィラデルフィアの名人芸が冴え渡る。録音もいい。ムーティ最高!フィラデルフィア最高‼あっ忘れてた。ショスタコーヴィッチも最高でした。

じゅんとねね さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品