ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集、ピアノ五重奏曲 ボロディン四重奏団、アレクセイ・ヴォロディン(2014-18)(7CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4834159
組み枚数
:
7
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ボロディン四重奏団によるショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲の決定盤

ボロディン四重奏団は1945年に結成されて以来、何度かのメンバー・チェンジを経ながらも、常に世界を代表する弦楽四重奏団として、極めて質の高い解釈と説得力溢れる演奏で絶賛されてきました。
 創立70周年を祝う記念すべきタイミングで、初代メンバーと親交深く、演奏法についても直接指導を受けたというショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全曲録音がスタート。人気の高い第8番の四重奏曲を含む第1弾のアルバムは2015年にリリースされ、その後の発売が待たれていましたが、なんとCD7枚組の全集の形でリリースされることになりました。「未完の弦楽四重奏曲楽章」、映画音楽『女友達』の前奏曲(弦楽四重奏+トランペット+ピアノ)といった珍しい作品も含まれています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
ショスタコーヴィチ:
● 弦楽四重奏曲第1番ハ長調 Op.49
● 弦楽四重奏曲第2番イ長調 Op.68

Disc2
● 弦楽四重奏曲第3番ヘ長調 Op.73
● 弦楽四重奏曲第4番ニ長調 Op.83

Disc3
● 弦楽四重奏曲第5番変ロ長調 Op.92
● 弦楽四重奏曲第6番ト長調 Op.101
● 弦楽四重奏曲第7番嬰へ短調 Op.108

Disc4
● 弦楽四重奏曲第8番ハ短調 Op.110
● 弦楽四重奏曲第9番変ホ長調 Op.117
● 弦楽四重奏曲第10番変イ長調 Op.118

Disc5
● 弦楽四重奏曲第11番へ短調 Op.122
● 弦楽四重奏曲第12番変ニ長調 Op.133
● 弦楽四重奏曲第13番変ロ短調 Op.138

Disc6
● 弦楽四重奏曲第14番嬰ヘ長調 Op.142
● 弦楽四重奏曲第15番変ホ短調 Op.144

Disc7
● ピアノ五重奏曲ト短調 Op.57
● アレグレット 変ホ長調(未完の弦楽四重奏曲楽章)
● 弦楽四重奏のための2つの小品 Op.36a(エレジーとポルカ)
● 映画音楽『女友達』 Op.41より前奏曲

 ボロディン四重奏団
  ルーベン・アハロニアン:第1ヴァイオリン
  セルゲイ・ロモフスキー:第2ヴァイオリン
  イーゴリ・ナイディン:ヴィオラ
  ウラディーミル・バルシン:チェロ)
 アレクセイ・ヴォロディン(ピアノ:ピアノ五重奏曲)
 アレクセイ・リュビモフ(ピアノ:女友達)
 セルゲイ・ナカリャコフ(トランペット:女友達)

 録音時期:2014年3月(女友達)、2015年1月(第1,8,14番、2つの小品)、12月(第7,12番、ピアノ五重奏曲、アレグレット)、2016年1月(第3番)、3月(第4,11番)、10月(第9番)、11月(第2,6番)、2017年2月(第15番)、12月(第13番)、2017年12月〜2018年2月(第5,10番)
 録音場所:モスクワ
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

  • イブラギモヴァ&ティベルギアン/フランク:ヴァイオリン・ソナタ、他 アリーナ・イブラギモヴァとセドリック・ティベルギアンの新録音が登場!フランク:ヴァイオリン・ソナタのほか、イザイ:悲劇的な詩、ヴィエルヌ:ヴァイオリン・ソナタ、リリ・ブーランジェ:夜想曲を収録。 HMV&BOOKS online|5日前
  • アルカエウス四重奏団/サルゼード:弦楽四重奏曲集 ロンドンに生まれて王立音楽大学で学び、生涯サウス・イースト・イングランドに暮らしたサルゼード。弦楽四重奏曲はどれもたいへん魅力的で聴きやすく、常にどこか影を引きずるようなメランコリックな作風には、ユダヤ系である彼の音楽的ルーツが色濃く反映されているほか、シベリウスの大きな影響を受けています。 HMV&BOOKS online|5日前
  • ジェイムズ・ダットン/牧歌〜英国の知られざるフルート作品 1900年代英国のフルート作品を集めたアルバム。収録曲の多くは王立音楽大学で学んだ、あるいは教鞭をとった作曲家によるもので、全て世界初録音(プライベートの録音を除く)となっています。いずれも英国らしく聴きやすい作品を、メニューイン・ホールの伸びやかな響きを拾った美しい録音で楽しむことが出来ます。 HMV&BOOKS online|5日前
  • プレイエル・アンサンブル/クック:ヴァイオリン・ソナタ全集 ケンブリッジとベルリンで学んだ英国の作曲家アーノルド・クックのヴァイオリン作品を集めたアルバム。彼の作品は力強くたいへん個性的な語り口で、近代英国の作品らしい清々しさも併せ持つ魅力的なものです。 HMV&BOOKS online|5日前
  • アルカエウス四重奏団/パリー:弦楽四重奏曲全集 19世紀後半から20世紀前半に活躍した英国の作曲家・教育者ヒューバート・パリー(1848-1918)の、知られざる弦楽四重奏作品を集めたアルバム。初めての全曲録音となります。 HMV&BOOKS online|5日前
  • ダンテ四重奏団/スタンフォード:弦楽四重奏曲第3番、第4番、第7番 ダンテ四重奏団はアイルランド生まれの作曲家スタンフォードの全弦楽四重奏曲の録音に着手、第1集でも見事な演奏を披露しています。この第2集では第3番、第4番、第7番を演奏。 HMV&BOOKS online|5日前

おすすめの商品