ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

SHM-CD

交響曲第10番、他 ネルソンス&ボストン交響楽団

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1709
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ショスタコーヴィチ:交響曲第10番、他
ネルソンス&ボストン交響楽団


近年絶好調のネルソンスは2014年からボストン交響楽団の音楽監督を務めて成果を上げており、今回はドイツ・グラモフォンと契約を結んでショスタコーヴィチ作品をレコーディングすることとなりました。曲目は交響曲第5番から第10番の6曲に管弦楽作品というもので、全部で5枚のアルバムを制作することとなっています。
 ネルソンスは1978年にソ連時代のラトヴィアに誕生。生地リガでトランペットとバス=バリトンの勉強をし、その後、サンクトペテルブルグで指揮を学び、やがてヤンソンスにも就いて頭角をあらわすこととなります。
 ネルソンスはこれまでに、コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮した交響曲第8番の映像作品と、バーミンガム市響との交響曲第7番のCD、バイエルン放送響とシュタインバッハーとのヴァイオリン協奏曲集のCDをリリース済みで、どれも高い評価を得ていただけに、今回の交響曲第10番は期待されるところです。(HMV)

【収録情報】
● ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調作品93
● ショスタコーヴィチ:歌劇『ムツェンスク郡のマクベス夫人』から パッサカリア

 ボストン交響楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2015年4月
 録音場所:ボストン
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

2014年にボストン響の音楽監督に就任し、DGへのレコーディング第1弾としたのがショスタコーヴィチ。しかもこれはシリーズ化とのこと。政治がらみのつまらぬ先入観に囚われず、あくまでピュアな目で作品を見つめた清新な演奏だ。この難曲を優れた機能で乗り切ったオケも見事。(教)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ネルソンスの録音はゲヴァントハウスも加わ...

投稿日:2017/11/30 (木)

ネルソンスの録音はゲヴァントハウスも加わり結構増えてきたが、今のところベスト演奏はこのショスタコーヴィチ第10番だ。この曲作曲のころにはショスタコーヴィチも粛清の恐怖から解放されており、8番のようなギリギリに差し迫った曲想ではなく、練達の技法にものを言わせて深刻ながらもサービス精神もきかせた面白い曲に仕上がっている。そこがネルソンスに合っているようだ。実際8番はこれほどの出来ではなかったと思うが。それともうひとつ。小澤、レヴァイン時代に低迷してしまったボストン交響楽団が見違えるほどシェイプアップした演奏を聴かせてくれるのもネルソンスの功績といってよかろう。なお、内カバーに6番、7番の予告ジャケットが載っているのだがいつになったら出るのか。6番はボストン響ボックスに収められたため出すのをやめたってことじゃないだろうな。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
凄い指揮者が現れた❗名曲中の名曲...

投稿日:2017/06/14 (水)

凄い指揮者が現れた❗名曲中の名曲ショスタコの10番が今までに聴いたこともない圧倒的な演奏で蘇った❗曲のどこを取っても強い説得力に溢れ、何と素晴らしい曲なんだろう❗と思わずため息が出てくる。この指揮者はまだ30台の若さと聞く。全く末恐ろしい指揮者だ。これからも全集に向けてショスタコをどんどん録音して欲しい❗

不動明王 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ご機嫌如何 左様ですか ではご機嫌よう ...

投稿日:2016/11/06 (日)

ご機嫌如何 左様ですか ではご機嫌よう といった木で鼻を括ったような音楽 9番がお気に召さなかった御上へのご機嫌取りか目眩しか知らないが 軽妙明朗な形態に潜む先鋭に気付かず9番を軽佻浮薄と非難した盆暗のお気に召すフォームで重厚豪快に鳴らして見せた交響曲が10番と言い習わされてきた だからかどうか知らないが10番の演奏というと重層した響の塊で 線や波としての音形の流れや交差が見えなかった 常に重苦しい響の霧に閉じ込められた印象ばかりが残った 9番は好きで繰り返し聴いてきたが10番とは疎遠になっただからこのネルソンス盤にもなかなか手が伸びなかった 聴いて霧が晴れた 10番も9番と同じ精神から生まれた作品であることを証明した演奏 人も音楽も見かけで誤魔化されてはいけない この反骨と風刺は紛れもなくショスタコーヴィチだ 日和った姿の欠片も見えない 悪徳と無知を破顔い飛ばして音楽は終わる ボストン市民と共に喝采した 衷心より一聴をお奨めする

風信子 さん | 茨城県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品