ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第8番 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1982)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT312
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


これほどまでに凄かった!
ムラヴィンスキーのショスタコーヴィチ8番、1982年盤が
未亡人所蔵の音源から新マスタリング。ついに真の姿を現した!


衝撃のリリース。ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルによる1982年のショスタコーヴィチの交響曲第8番といえば、空前の名演として他の録音を寄せつけない特別な存在となっていました。しかしフィリップスからの発売当初から、ピッチの異常による音程の不安定とテンポの早まりが指摘されてきました。にもかかわらず演奏の凄さが問題を凌駕して不動のベスト盤に君臨し続けています。
 その後、「Russian Disc」からピッチ修整盤がリリースされましたが、音質がイマイチだったためファンの満足を得られませんでした。さらに「Regis」からもピッチ修整盤がリリースされましたが、ノイズリダクションのためか、生々しい迫力がそがれたような印象で、これも満足のいくものではありませんでした。
 そうした不満を解消したディスクがついに登場します。未亡人所蔵の音源から「Altus」が念入りにマスタリングを施し、フィリップス盤をも上回る生々しさ
に加え、ピッチを正したことで凄絶さが増して、ちょっと人間業とは思えぬ次元の演奏が蘇りました。

【フィリップス盤】(I. 24:33/ II. 6:07/ III. 6:17/ IV. 9:37/ V. 12:58)
【アルトゥス盤】(I. 25:48/ II. 6:24/ III. 6:35/ IV. 10:06/ V. 13:44)

同一演奏ながら、全体で3分、特に第1楽章は1分15秒も長くなっています。その結果、重心はさらに下がり、厳しさ、音楽の巨大さが恐ろしいまでに迫ってきます。また第3楽章での凶暴な速さと巨大なエネルギーは、ホールを破壊してしまうのではという凄さ。そして終結部の恐いまでの緊張感。これまでの1982年盤も別格の存在でしたが、この「Altus」盤はついに真なる奇跡の演奏を再現したと申せましょう。とにかく最初の音から金縛りにあったように動けなくなります。
 ショスタコーヴィチの交響曲第8番は1943年に作曲、ムラヴィンスキーに献呈されました。同年11月3日にムラヴィンスキー指揮ソヴィエト国立交響楽団により世界初演。ムラヴィンスキーは生涯に36回演奏し、6種の録音が残されています。なかでも1982年盤は、この曲のベスト演奏としてショスタコーヴィチ・ファンの至宝とみなされています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調 Op.65


 レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
 エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮)

 録音時期:1982年3月28日
 録音場所:レニングラード・フィルハーモニー大ホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 32bit Digitally Remastered

 ディスクは国内プレスとなります。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ムラヴィンスキーとレニングラード・フィル...

投稿日:2021/02/22 (月)

ムラヴィンスキーとレニングラード・フィルの良さが出た厳しい演奏であるが、個人的にはゲルギエフとマリインスキーの方が好きである。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
ムラヴィンスキーとレニングラードフィルの...

投稿日:2016/10/15 (土)

ムラヴィンスキーとレニングラードフィルの演奏は、録音の良い演奏がとても少ないのと、その強烈すぎる演奏から、何度も聴くに耐える演奏が極めて少ないことが特徴です。そんな中では録音と演奏共に彼らの中では最高レベルの完成度をほこるCDでしょう。ライブなのに傷らしき箇所が全くないにもかかわらず、オーケストラが限界を超えているかのような熱演を繰り広げています。何より凄いのが、ここまで踏み込んだ演奏をしているのにあと一歩のところで曲のフォルムが崩れていないために、何度も聴くに耐える演奏になっていることで、この点がBBCの60年ライブなどとは異なります。こういったある程度状態の良い録音で聴くと、彼らの他の演奏に感じることが多い奇妙な音響のバランスは聴こえてこず、汚いと感じることの多い金管楽器、金切り声のようなオーボエなどは当時のソ連の独特の音ではないと表現出来ないのではないか?と思えるほどの凶暴な音として説得力を感じます。ただ、ムラヴィンスキーが映像でしょっちゅう金管楽器に音量を抑えるように指示を出しているのを見るので、ひょっとすると、彼らの演奏で疑問を感じるものがあるのは案外録音のせいではなく、出来不出来の差が激しかっただけなのかもしれませんが…いずれにせよ、この演奏は成功した演奏と言って間違いはないでしょう。

ロールパン さん | 不明 | 不明

3
★
★
★
★
☆
あまりに有名な82年ショスタコーヴィチ8番...

投稿日:2015/07/20 (月)

あまりに有名な82年ショスタコーヴィチ8番ライブ。もう何回めか分からなくなったリマスターのさらなるリマスター、しかし今回はオリジナルが未亡人所有のオリジナルテープからの再生でしかもSACD化。というわけでファンとしては矢も盾もたまらず購入。まず冒頭の低弦からして、粒立ちの良さは従来のCDとは比較になりません。音が柔軟で聴きやすくなった反面、初めて本演奏に接したときのような戦慄は緩和されていますが、それは当方の問題。この演奏の絶対的な凄さは変わりません。ところで、メーカーさんもリリースの時期をCDとほんの少しだけズラすのは勘弁して頂きたいですね。コンドラシン先生の同曲ライブはシングルレイヤーSACDとCDは同時リリースでしたので選択の余地があり、迷わずSACDの方を購入です。しかしこちらの方は、最初にCDリリースされたときその際にはSACD発売に関しては未定、などと宣伝されてましたよ。まずファンとしてはCD購入せざるを得ない。半年とか1年後にSACDが出るのなら納得もできますが、わずか2ヶ月ほど後にSACDリリースってそれはないでしょう。私のように両方購入するはめになった方も少なからずいっらしゃるのではないでしょうか。ウィーンでのショスタコ5番と未完成交響曲ライブなどの前例もあり、早晩SACDは出るだろうと分かっていましたが、こんなにインターバルが短いなら、なぜコンドラシン盤のように同時リリースで選択の余地を与えるようにしていただけないのか。

John Cleese さん | 静岡県 | 不明

24

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品