ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第5番『革命』、第8番、第9番 ネルソンス&ボストン交響楽団(2CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4795201
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、第8番、第9番
ネルソンス&ボストン交響楽団


名門ボストン響に新時代が到来! ラトヴィア出身の俊英、ネルソンスと彼が音楽監督を務めるボストン交響楽団のショスタコーヴィチ・シリーズ第2弾!
 DGとボストン交響楽団はショスタコーヴィチの交響曲第5番〜第10番に管弦楽作品を加えた5枚のアルバムの契約を発表しました。全米ビッグ5の一角である名門ボストン響はクーセヴィツキーやミュンシュが育て、小澤征爾が1973年〜2002年黄金期を築いた人気のオーケストラ。若く才能溢れる音楽監督を迎え新たな時代を築きます。ネルソンスは2017年からドイツの名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の第21代カペルマイスター(首席指揮者)に就任することが発表されており、ますます今後の活躍が期待されます。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
Disc1

ショスタコーヴィチ:
1. 交響曲第5番ニ短調 op.47『革命』
2. 交響曲第9番変ホ長調 op.70

Disc2
3. 劇付随音楽『ハムレット』 op.32
4. 交響曲第8番ハ短調 op.65

 ボストン交響楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2015年10月(1)、11月(2)、2016年2月(3)、3月(4)
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 1. Allegro
  • 02. 2. Moderato
  • 03. 3. Presto -
  • 04. 4. Largo -
  • 05. 5. Allegretto
  • 06. 1. Moderato
  • 07. 2. Allegretto
  • 08. 3. Largo
  • 09. 4. Allegro Non Troppo

ディスク   2

  • 01. 1. Introduction and Night Watch
  • 02. 2. Funeral March
  • 03. 3. Flourish and Dance Music
  • 04. 4. the Hunt
  • 05. 9. Ophelia's Song
  • 06. 10. Lullaby
  • 07. 11. Requiem
  • 08. 1. Adagio
  • 09. 2. Allegretto
  • 10. 3. Allegro Non Troppo
  • 11. 4. Largo
  • 12. 5. Allegretto

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
グラミー賞受賞も納得の作。特に9番が良く...

投稿日:2017/02/28 (火)

グラミー賞受賞も納得の作。特に9番が良くて、意外にも、じっくりめ、私には、コンドラシン、チェリビダッケと伍する様な名演。録音が良くて、ソロ、木管の音が素晴らしく生々しく聴こえる。どれほど、現在の技術で加工したのか、生の音を重視しているのか、私には、判り兼ねますが、演奏の熱意は、生かされています。ボストンはいい指揮者を擁しました。腰を落ち着けてと期待してたけど、ライプチヒと兼業になる。ドイツ音楽は、そちらでと、なってしまうのだろうか?

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
美しい結び目を飽かず眺めていた 結いた糸...

投稿日:2017/01/24 (火)

美しい結び目を飽かず眺めていた 結いた糸は色とりどりだ 渾身のスコアと楽器の音色と堂宇がつくる響きとそして録音編集の耳 それぞれの美しい色糸がここに組み合わされ結ばれた その組み目にネルソンスがいる ppは静謐を澄ませどこまでも透明度を失わず語らいゆく ffは豊麗な響きを伸びやかにどこまでも届けようとして叫ばず大きく包み込む 理智なる双眸を見開いて運命に立ち向かうショスタコーヴィチの姿が見える 苦悶を超えて決然と立ち上がる意志が胸を突く 悲愴に打ちひしがれている己は克服された ボストン交響楽団の暖かく軽快なサウンドがショスタコーヴィチを救ったとも言える 日々繰り返し聴けるショスタコーヴィチ演奏が誕生した これほど次回の発売が待ち遠しいシリーズはない 衷心より推薦する  

風信子 さん | 茨城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ショーン・マーフィーが、クラシックの商業...

投稿日:2016/10/08 (土)

ショーン・マーフィーが、クラシックの商業録音に本格的に参入となると今後のリリースがとても楽しみだ。5番、9番ともネーメ・ヤルヴィ=スコティッシュナショナル管のシャンドス盤以来の優秀録音と思料する。

kudappy さん | 千葉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品