ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』から ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ&ナショナル交響楽団(1982)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCS9115
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

クラシックの100枚
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、他
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ


【生産限定盤】
ショスタコーヴィチを一躍国民的芸術家とした、第一次大戦以降に誕生し最も成功した交響曲と評される第5番。チャイコフスキー以来のバレエ作曲家といわれたプロコフィエフの傑作《ロメオとジュリエット》。ロストロポーヴィチがワシントン・ナショナル交響楽団の音楽監督を務めていた頃の、彼の内面の激情が燃えたぎるような精力的なこの演奏は、20世紀のふたりの大作曲家の傑作に鮮やかに光を当てる結果を招来したといえるでしょう。(メーカー資料より)

ショスタコーヴィチ:
1. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47『革命』

プロコフィエフ:
2. 交響組曲《ロメオとジュリエット》作品64a/bから
モンタギュー家とキャピュレット家/少女ジュリエット/ロメオとジュリエット/タイボルトの死/ジュリエットの墓の前のロメオ

ワシントン・ナショナル交響楽団
指揮:ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ

録音:1982年7月 ワシントン

内容詳細

ショスタコーヴィチからは曲も献呈されているロストロポーヴィチによる第5番と、プロコフィエフの傑作バレエ音楽との組み合わせ。ワシントン・ナショナル響の音楽監督時代を代表する録音のひとつだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47 第1楽章:Moderato-Allegro non troppo
  • 02. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47 第2楽章:Allegretto
  • 03. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47 第3楽章:Largo
  • 04. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47 第4楽章:Allegro non troppo
  • 05. 交響組曲≪ロメオとジュリエット≫ 第1番 作品64a、第2番 作品64bから モンタギュー家とキャピュレット家
  • 06. 交響組曲≪ロメオとジュリエット≫ 第1番 作品64a、第2番 作品64bから 少女ジュリエット
  • 07. 交響組曲≪ロメオとジュリエット≫ 第1番 作品64a、第2番 作品64bから ロメオとジュリエット
  • 08. 交響組曲≪ロメオとジュリエット≫ 第1番 作品64a、第2番 作品64bから タイボルトの死
  • 09. 交響組曲≪ロメオとジュリエット≫ 第1番 作品64a、第2番 作品64bから ジュリエットの墓の前のロメオ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
革命はやや解釈先行というか緩急が個人的に...

投稿日:2012/07/15 (日)

革命はやや解釈先行というか緩急が個人的には馴染めない演奏だった(その大仰さがプロコフィエフでは逆に効果的になっているが)。特に4楽章のスネアが鳴り始めるところはあまりに遅く重い。マルチマイク録音なのか各パートの音が立ちすぎているのも気になった。★はロメオとジュリエット分ですね。

かめ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
本盤におさめられたロストロポーヴィチによ...

投稿日:2011/06/26 (日)

本盤におさめられたロストロポーヴィチによるショスタコーヴィチの交響曲第5番についいては、かつてLPで聴いた時のことを鮮明に記憶している。本演奏の録音は1982年であるが、この当時は、現在では偽書とされている「ショスタコーヴィチの証言」が一世を風靡していた時期に相当し、ロストロポーヴィチのショスタコーヴィチとの生前における親交から、本演奏は証言の内容を反映した最初の演奏などともてはやされたものであった。当時、まだ高校生であった私も、証言をむさぼり読むとともに本演奏をおさめたLPを聴いたものの、若かったせいもあるとは思うのであるが、今一つ心に響くものがなかったと記憶している。その後、社会人になってCDを購入して聴いたが、その印象は全く変わることがなかった。そして、今般SHM−CD化されたのを契機に、久々に本演奏を聴いたが、やはり心に響いてくるものがなかったと言わざるを得ない。確かに、巷間言われるように本演奏には楽曲の頂点に向けて畳み掛けていくような緊迫感や生命力溢れる力強さなどが漲っているが、手兵のワシントン・ナショナル交響楽団をうまく統率し切れずに、いささか空回りしているような気がしてならないのだ。やや雑然とした演奏に聴こえるのもおそらくはそのせいであり、ロストロポーヴィチによる同曲の演奏であれば、いささか大人しくはなったと言えるが、後年の2つの録音、(ワシントン・ナショナル交響楽団との1994年盤(テルデック)又はロンドン交響楽団との2004年盤(LSO))の方がより出来がいいと言えるのではないだろうか。他方、プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」からの抜粋については、ロシア風の民族色に満ち溢れた名演と高く評価したい。録音は、従来盤でもかつてのLPと同様に十分に満足できる音質であったが、今般のSHM−CD化によって音質がやや鮮明になるとともに、音場が若干幅広くなったことについては評価したい。全体の評価としては、「ロメオとジュリエット」の名演と若干の高音質化を加味して★3つの評価とさせていただくこととする。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品