ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番、ハイドン:ピアノ協奏曲ニ長調 アルゲリッチ、フェルバー&ヴュルテンベルク室内管

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4398642
レーベル
Dg
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Rondo All'ongarese
  • 02. Concerto for Piano, Trumpet and Strings in C Minor, Op. 35

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲を楽しみ...

投稿日:2015/12/19 (土)

ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲を楽しみにして聴いたのだが、ハイドンのピアノ協奏曲の方により心ひかれた。 ハイドンのピアノ協奏曲は今回初めて聴いたが作品の完成度は交響曲より高いのではないだろうか? ハイドンらしい軽妙な所よりも憂いを秘めた部分が美しくて印象的だった。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
この2曲でのアルゲリッチは、まるで水を得...

投稿日:2011/08/05 (金)

この2曲でのアルゲリッチは、まるで水を得た魚のよう。

静流 さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲 第1番...

投稿日:2010/07/31 (土)

ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲 第1番にハイドンのピアノ協奏曲 ニ長調をカップリング!!それだけでもじゅうぶん興味深いアルバムです。

Marthy さん | POLAND | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品