シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Kinderszenen, Waldszenen, Papillons, Romanzen: Kempff(P)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4593832
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Kempff, Wilhelm - Kinderszenen Op. 15
  • 02. Von Fremden Laendern Und Menschen
  • 03. Kuriose Geschichte
  • 04. Haschemann
  • 05. Bittendes Kind
  • 06. Glueckes Genug
  • 07. Wichtige Begebenheit
  • 08. Traeumerei
  • 09. Am Kamin
  • 10. Ritter Vom Steckenpferd
  • 11. Fast Zu Ernst
  • 12. Fuerchtenmachen
  • 13. Kind Im Einschlummern
  • 14. Der Dichter Spricht
  • 15. Kempff, Wilhelm - Waldszenen Op. 82
  • 16. 1. Eintritt
  • 17. 2. Jaeger Auf Der Lauer
  • 18. 3. Einsame Blumen
  • 19. 4. Verrufene Stelle
  • 20. 5. Freundliche Landschaft
  • 21. 6. Herberge
  • 22. 7. Vogel Als Prophet
  • 23. 8. Jagdlied
  • 24. 9. Abschied
  • 25. Kempff, Wilhelm - Papillions Op. 2
  • 26. Kempff, Wilhelm - Romanzen Op. 28
  • 27. 1. Sehr Markiert
  • 28. 2. Einfach
  • 29. 3. Sehr Markiert - Intermezzo 1. Presto - Intermez

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ケンプは教会音楽関係の家庭で育った事もあ...

投稿日:2013/10/28 (月)

ケンプは教会音楽関係の家庭で育った事もあってその演奏スタイルは時には禁欲的と言うか思索的な面を強調して聴く側はとらえる傾向があります。事実彼はオルガンも弾き作曲〜編曲上でバッハ等を取り上げる回数も多かったと聞いております。私なども彼の編曲でのバッハ小品集のLPを何度繰り返して聴いた事でしょう。その汲めども尽きぬ味わいと言うのでしょうか技術をそんなに華麗に誇張しないので何故かホッとした雰囲気を醸し出す演奏でその特徴点があげられております。本盤シューマン「子供の情景」(13曲トータルタイム18’02)はケンプ80歳に近い1973年の収録(この演奏については1971年録音表示のものもありどちらが正しいのか小生には判断つきません。たかが録音年であっても「事実」表示等扱いについては各商品販売関係部署は慎重に対応してもらいたいと思いました、殊に演奏「記録」商品なのでそれが重要なポイントとなる可能性を抱えているわけですから・・・)なのですが先ず曲自体がそんなにテクニックを要するものでもない為かシューマンの子供時代の回想に当てたものなのか大上段に構えた処は皆無であります。ただ一曲一曲に込める気持ちはケンプの優しさに転化しての出来上がりになっている様です。ファンタジー溢れる優しいアプローチというコメントで片付けても良いしさりとて年齢から来る衰え又は退屈さを加味したい衝動も過ぎったりはしました。決して満点ではありませんがそうした事も前提で有名な第7曲「トロイメライ」のゆったりした〆での滋味溢れる素朴さにしばらく聴き入りました。それと意外だったのはドイツ・ピアニストでシューマン・スペシャリストとなっているケンプの「子供の情景」演奏録音は本盤演奏しか当面見つからないことでした(ひょっとしたら残されているかもしれませんが・・・)。1973年収録の「森の情景」(9曲トータルタイム22’57)は曲作りで元々因っているロマン文学で「森」というのが静寂・活気、神秘、憧憬、といった象徴を持つものらしく方向性としては物思いに耽るケンプにマッチしたイメージ曲で抒情性を内包しつつ曲を進めており私にはよりスンナリ受け入れられました。「蝶々」はシューマンの若い頃書かれた12の小曲からなるロマンチックな作品で本盤演奏は1967年収録(トータルタイム13’13)であります。ちょっと小生などの及ばない感覚世界でありました。ケンプにはこの「蝶々」録音が他に残っているようで1951年モノラル録音(同12’17)や1969年ライブ録音(同12’52)等があげられます。1973年収録の「3つのロマンス」(3’52+3’51+7’46)は情熱的な第1曲から穏やかな第2曲そして歯切れ良い活発な第3曲と変化があり三曲共長調ではあるのに憂いテイストもあり少しソファに深く腰掛けたい気分をケンプは温かく出しているみたいです。全体として最高ランクに近いと思いました。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品