シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Comp.symphonies: Sawallisch / Skd

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7648152
組み枚数
:
2
レーベル
:
Emi
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1997
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Robert Schumann (1810 - 1856)
    Symphony no 1 in B flat major, Op. 38 "Spring"
    演奏者 :

    指揮者 :
    Sawallisch, Wolfgang
    楽団  :
    Dresden Staatskapelle
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1841, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 32:20
    • 録音場所 : 09/1972, Lukas Church, Dresden, Germany [Studio]
  • Robert Schumann (1810 - 1856)
    Symphony no 3 in E flat major, Op. 97 "Rhenish"
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1850, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 33:34
    • 録音場所 : 09/1972, Lukas Church, Dresden, Germany [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
33
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
EMI盤(昔の赤いトレイの奴)と、アビーロー...

投稿日:2019/02/09 (土)

EMI盤(昔の赤いトレイの奴)と、アビーロードリマスター盤を聴き較べてみました。音色の暖かみ、低音の充実感はEMI盤に分があり、一方、細やかな分離や音場の見通しの良さはアビーロード盤が優れていて総じてクールタッチな音に仕上がっているように思います。好みの問題でしょうが、私はEMI盤の方が好きですね。こちらの方が旧東独シャルプラッテンの音が活きているように聴こえました。出来ることなら、キングから出ていたハイパーリマスタリングシリーズのように、アナログ録音に精通したエンジニアが丁寧にリマスターして、余計な小細工しないでSACD化でもしてくれたらいいのですが……。

johannes さん | 東京都 | 不明

3
★
☆
☆
☆
☆
最悪のリマスタリング。EMI時代の方がよっ...

投稿日:2018/09/18 (火)

最悪のリマスタリング。EMI時代の方がよっぽど迫力があって良い演奏だった。ワーナーになってからこのArt社は色々リマスタリングしてるようだが、どれもこれも迫力と個性があった演奏を見事に「平凡」な演奏にしてしまっている。初めてこのリマスタリングを施された曲を聴くという人には良いかもしれないが、EMI盤の迫力が気に入っていたのに非常に不満が残る。 このシューマンもSKDの個性を見事に消し去ってくれてる。特にティンパニの脆弱性といったらない。「バンバン」なってたのが「ポンポン」レベルになってる。聴くならEMI盤をおススメする。

ポニー さん | 群馬県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
この時期のふくよかで音楽的な質実の良さを...

投稿日:2017/08/13 (日)

この時期のふくよかで音楽的な質実の良さをきちんと保っていたころのカペレが聞けます。カペレファン・オケファン必聴のアイテムでしょう。シューマンファンというより。サヴァリッシュさんは音楽を停滞させない手腕はさすがなのですが、強い個性とか、スコアに刻まれた何らかの思いとか、そういうものを表現する事にはまったく興味が無いようです。自然に語らせれば充分に美しい。我々は作曲者のしもべにすぎないのだから。そんな風にいっているようです。

タシマ さん | 宮城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品