CD 輸入盤

Comp.symphonies: Batiz / Mexico State.so

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
75243518079-2
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Mexico
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
印象的には、やや未消化といふ感じでしょう...

投稿日:2013/04/28 (日)

印象的には、やや未消化といふ感じでしょうか。バティスさんといえば豪快にオケを鳴らすスタイルで有名でしょうけれど、意外にもここでは普通の調子で特別個性的なアプローチではありません。神経質なところのない、ごく自然体のスタイルのようながら、やはり物足りなさは覚えます。キレと味わいに不足し、また開放感も足らず、聴き終えた後不満は残りましたな。もちろん、バティスさんに「爆演」をいつも期待しているわけではありませんし、ましてシューマンでそれをやってほしいとは思いませんが、ならばそれに代わるないしそれ以上の売りポイントがなければなりますまい。そこがツライですね。録音も良好という程度。残念ながら期待外れのセットでした。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
ベートーヴェンの後継者たらんとした、野心...

投稿日:2006/01/28 (土)

ベートーヴェンの後継者たらんとした、野心家で自己顕示欲の強いシューマン像を上手く描いた演奏だと思います。バティスとしては、おとなしめですが、神経症的シューマンを追求した演奏が多い中で、パトス的側面をクローズアップしたこの演奏は、とても楽しめました。ベートーヴェン・シューベルトに続くドイツの交響曲であることが、よく分かります。シューマンもこういう演奏を望んでいたのでは、ないでしょうか。

thud さん | 東京都杉並区 | 不明

0
★
★
★
★
☆
今話題のバティスの演奏という事で、かなり...

投稿日:2003/05/04 (日)

今話題のバティスの演奏という事で、かなり期待して聴いたのだが、予想していたよりかなりおとなしい演奏で拍子抜け。シューマンでは3,4番に指揮者の個性が一番出るのだが…スリリングな演奏は期待しないほうが良い。録音の音質も、ややこもり気味。フランス物の方が、バティスには合っているかも。

SARASA さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品