SHM-CD

森の情景、ウィーンの謝肉祭の道化、アラベスク、3つのロマンス ピリス

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4845
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

マリア・ジョアン・ピリスの芸術
シューマン:森の情景、ウィーンの謝肉祭の道化、他


ロマン主義の奥深い詩情や文学性を強く漂わせるシューマンによるピアノ作品集。ピリスはシューマン作品の奥深いところに底流する内面的本質を豊かな演奏経験に裏打ちされた知性と感性によって的確に引き出しています。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
シューマン:
1. 森の情景 Op.82
2. アラベスク Op.18
3. 3つのロマンス Op.28
4. ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26

 マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)

 録音時期:1993年9,10月(4)、1994年1月(1)、1991年10月(2)、1992年9月(3)
 録音場所:ミュンヘン(1,4)、ハンブルク(2)、ラ・ショー=ド=フォン(3)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ルビジウム・クロック・カッティング

【マリア・ジョアン・ピリス】
1944年ポルトガルのリスボン生まれ。ポルトガルとドイツで学ぶ。1970年ベートーヴェン生誕200周年記念コンクール優勝。ピリスは1970年以来、芸術が人生、社会、学校に与える影響の研究に没頭、社会において教育学的な理論をどのように応用させるか、その新しい手法の開発に身を投じてきた。1999年に芸術研究のためのセンター、ベルガイシュを創立、現在、ベルガイシュにおける哲学と教育を、スペインのサラマンカやブラジルのバイーアに広めている。2008年NHK教育テレビの「スーパーピアノレッスン」講師。(ユニバーサルミュージック)

内容詳細

「森の情景」をはじめとした4作品を収録したシューマン・アルバム。ピリスならではの知性と感性によって、シューマン作品に流れる内面的な本質を見事に引き出しており、ロマン主義の詩情や文学性を強く味わうことができる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ピリスらしい端正さよりも情感を表に出した...

投稿日:2018/05/03 (木)

ピリスらしい端正さよりも情感を表に出した演奏に思いました。ロマンスは少し遅すぎる感がありますが、だれることはありません。音質も大変良いです。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
美しいピアノの演奏、そして録音です。ジャ...

投稿日:2014/01/31 (金)

美しいピアノの演奏、そして録音です。ジャケットの写真は正体不明ですが。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト