シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD

交響的練習曲、アラベスク マウリツィオ・ポリーニ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG41089
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤

商品説明

マウリツィオ・ポリーニの芸術 UHQCD/シューマン:交響的練習曲、アラベスク

【ポリーニ80歳記念】【生産限定盤】【UHQCD仕様】【グリーン・カラー・レーベルコート】
実演にも、録音にも多くの時間を費やして磨きあげ、可能性の極致に挑むポリーニ。技巧と表現力の確かさを超え、作品の真髄に迫る名演。(メーカー資料より)

【収録情報】
シューマン:
1. 交響的練習曲 Op.13
2. アラベスク Op.18


 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

 録音:1981年10月&11月ベルン(1)、1983年6月ミュンヘン(2)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ポリーニのシューマンの演奏は、いささかシ...

投稿日:2011/08/11 (木)

ポリーニのシューマンの演奏は、いささかシューマン独特の詩情にかけるうらみがあるが、シューマンのこの作品をシューマンなりの演奏会用練習曲と捉えた場合、ポリーニの演奏は成功しているといえるのではないか。

静流 さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ポリーニとシューマンの相性は非常に良いよ...

投稿日:2010/12/19 (日)

ポリーニとシューマンの相性は非常に良いように思われる。本盤も、そうした相性の良さがプラスに働いた素晴らしい名演と高く評価したい。シューマンのピアノ曲の本質は、内面における豊かなファンタジーの飛翔ということになるが、ショパンやリストのような自由奔放とも言える作曲形態をとらず、ドイツ音楽としての一定の形式を重んじていることから、演奏によっては、ファンタジーが一向に飛翔せず、やたら理屈だけが先に立つ、重々しい演奏に陥ってしまう危険性がある。ポリーニのピアニズムは、必ずしもシューマンの精神的な内面を覗き込んでいくような深みのあるものではないが、卓越した技量をベースとした透徹したタッチが、、むしろ理屈っぽくなることを避け、シューマンのピアノ曲の魅力を何物にも邪魔されることなく、聴き手がそのままに味わうことができるのが素晴らしい。いささか悪い表現を使えば、けがの功名と言った側面がないわけではないが、演奏は結果がすべて。聴き手が感動すれば、文句は言えないのである。交響的練習曲もアラベスクもいずれ劣らぬ名演であり、ピアニストの個性ではなく、楽曲の素晴らしさだけが聴き手にダイレクトに伝わってくるという意味では、両曲のベストを争う名演と言っても過言ではないと思われる。SHM−CD化による音質向上効果もめざましいものがある。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品