シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 クーベリック&ベルリン・フィル(2CD)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4778621
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ストレートかつ厳格な解釈で押し切った熱演!
クーベリック&ベルリン・フィルのシューマン交響曲全集


クーベリックのシューマン全集といえば、バイエルン放送響を指揮したSONY盤が有名でベストセラーにもなっていますが、その録音の15年前にベルリン・フィルを指揮して録音されたDG盤も、独自の魅力を持った全集として愛好家に聴き続けられてきました。
 両者のコンセプトは基本的に同じながら、オーケストラの個性の違い、クーベリックの年齢の違い、楽器配置の違いなどもあって、印象はけっこう異なります。
 暖かいサウンドで内声がよく響くバイエルン盤に対し、まだあまりカラヤン色に染まっていないベルリン・フィルの切れ味のある暗めの厳しい音は対照的ともいえ、これにメリハリの効いた若きクーベリックの指揮がかみ合うことで、覇気に満ちた演奏が展開されているのです。
 シューマンならではの錯綜とした響き、複雑な和声と対位線で編まれたスコアを、音の改変で聴きやすくいじるのではなく、ストレートかつ厳格な解釈でパワフルに聴かせるクーベリックのシューマンはやはり魅力的です。
 現行のフランスDG盤が高域のきついリマスターなので、今回の、OIBPリマスタリングには大いに期待が持てるところです。

【収録情報】
CD1
シューマン:
・交響曲第1番変ロ長調Op.38『春』
・交響曲第2番ハ長調Op.61
・『ゲノヴェーヴァ』Op.81序曲
CD2
・交響曲第3番変ホ長調Op.97『ライン』
・交響曲第4番二短調Op.120
・『マンフレッド』Op.115序曲
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1963年2月(Op.38、Op.120)、1964年2月(Op.97、Op.115)、1964年9月(Op.61、Op.81)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(セッション)
 OIBPリマスタリング

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Andante un poco maestoso - Allegro molto vivace
  • 02. Larghetto
  • 03. Scherzo (Molto vivace)
  • 04. Allegro animato e grazioso
  • 05. Sostenuto assai - Un poco piu vivace - Allegro ma non troppo - Con fuoco
  • 06. Scherzo (Allegro vivace)
  • 07. Adagio espresssivo
  • 08. Allegro molto vivace
  • 09. Overture Genoveva, Op.81

ディスク   2

  • 01. Lebhaft
  • 02. Scherzo (Sehr maBig)
  • 03. Nicht schnell
  • 04. Feierlich
  • 05. Lebhaft
  • 06. Andante con moto - Allegro di molto
  • 07. Romanza: Andante
  • 08. Scherzo: Presto
  • 09. Largo - Finale: Allegro vivace
  • 10. Overture Manfred, Op.115

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カラヤン時代のベルリンフィルを駆った名匠...

投稿日:2015/04/11 (土)

カラヤン時代のベルリンフィルを駆った名匠の名録音。ラジオで先日3番が偶然流れていたのを久しぶりに聴いて一瞬カラヤン録音と錯覚した。どちらかといえばバイエルン放送交響楽団との新しい録音を聴くことが多いので、新旧版とも、新鮮であったいずれも奇はてらわず重厚な響きと節度ある造形だが、バイエルン盤の方が造形的にも落ち着いて衒いもなく、温和な表現であるのに対し、こちらは、カラヤンのオケが相手だけに、少しカラヤン的になってしまう部分が面白い。60年代、クーベリックはDGではドヴォルザークの交響曲集やマーラーの交響曲全集、ワーグナーのローエングリン全曲など優れた名盤を残すが、この覇気のあるシューマン演奏はその中でも特に優れたものの一つである。シューマンの交響曲が好きな人は、クーベリックの残した録音2種類とももっていて損はない。

eroicka さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
余談ですが、60年、70年のロマンを追ってお...

投稿日:2014/11/19 (水)

余談ですが、60年、70年のロマンを追っております。この時分いいもの沢山ありました。けれど年数枚のLPを買うのがやっと。しかし今の時代はいいです。安くて音もよくなって復活。これとて当初はひどい音でしたでしょうが、聴きやすい音質になっており演奏の良さを再確認できたのでは。hmvさんはじめ全レヴュアの皆さん絶賛は当然、その一員に私も参加します。この人バイエルン放響との全集もあるようですが復活すれば勿論購入予定。コンビチュニ盤を愛聴してます、同時代の本場ものとしては断然近代的、指揮とオケが変わればこうも違うものか。

tanobu さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
古い国内盤(原盤は 437-395) からの買い直...

投稿日:2014/09/03 (水)

古い国内盤(原盤は 437-395) からの買い直し。一聴して帯域バランスがどっしりとしたピラミッド型になっており、分解能も上がって情報量もずっと多くなっている。高域もより伸びているが、きつさはかえって後退している。音質向上は明らかでもう旧盤には戻れない。ORIGINALS は硬い音も中にはあるが、まずまずか。演奏は若かりし頃の颯爽としたクーベリックが聴けるのが最大の魅力だ。バイエルン盤より見通しが良く、グイグイと突き進む若々しいシューマンが聴ける。もっと評価されても良い盤なのだが。爽やかでロマンティックなシューマンを聴きたい方にお勧めしたい。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト