シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番 グリンゴルツ、ラウル

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4053
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

天才グリンゴルツの新たなステージ!
ONYX第1弾はシューマンのソナタ集!


ハイペリオンからリリースされたエルンスト(CDA67619)タネーエフ&アレンスキー(CDA67642)の演奏が記憶に新しい1982年サンクトペテルブルク出身の天才ヴァイオリニスト、イリア・グリンゴルツがオニックス(ONYX)初登場! 1995年のメニューイン国際ヴァイオリン・コンクール、そして1998年のパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝の栄冠に輝くなど、数々の舞台で底知れぬ才能を発揮してきたグリンゴルツがオニックス第1弾のプログラムに選んで来たのは、「ドイツ・ロマン派」シューマンのヴァイオリン・ソナタ全集!
 1951年に作曲されたヴァイオリン・ソナタの第1番と第2番、「F.A.E.ソナタ」に2つの楽章を加え、迫りくる死を目前とした1953年に完成させた第3番。この3つのヴァイオリン・ソナタは、精神障害に侵され苦しみながらも筆を手放すことなく作曲を続けたシューマン晩年の代表作です。
 これまではチャイコフスキーやタネーエフ、プロコフィエフなどのロシア音楽や無伴奏作品がレコーディング・レパートリーの中心となっていたグリンゴルツですが、そのヴァイオリンでドイツ・ロマン派、シューマンの音楽を聴ける時が来ました! シューマンとの出会いが、グリンゴルツの新たな歴史を刻む第1歩となることでしょう!(東京エムプラス)

【収録情報】
シューマン:
・ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調Op.105
・ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調Op.121
・ヴァイオリン・ソナタ第3番イ短調WoO.27
 イリア・グリンゴルツ(ヴァイオリン)
 ペーター・ラウル(ピアノ)

収録曲   

  • 01. Sonata for Violin & Piano No. 1 in A minor, Op. 105: 1. Mit Leidenschaftlichem Ausdruck
  • 02. Sonata for Violin & Piano No. 1 in A minor, Op. 105: 2. Allegretto
  • 03. Sonata for Violin & Piano No. 1 in A minor, Op. 105: 3. Lebhaft
  • 04. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 1. Ziemlich Langsam - Lebhaft
  • 05. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 2. Sehr Lebhaft
  • 06. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 3. Leise, Einfach
  • 07. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 4. Bewegt
  • 08. Sonata for Violin & Piano No. 3 in A minor, Woo 27: 1. Ziemlich Langsam - Lebhaft
  • 09. Sonata for Violin & Piano No. 3 in A minor, Woo 27: 2. Lebhaft
  • 10. Sonata for Violin & Piano No. 3 in A minor, Woo 27: 3. Intermezzo: Bewegt, Doch Nicht Zu Schnell
  • 11. Sonata for Violin & Piano No. 3 in A minor, Woo 27: 4. Finale: Markiertes, Ziemlich Lebhaftes Tempo

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品