CD 輸入盤

ポリーニ・コレクション〜シューマン録音全集(4CD)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4790908
組み枚数
:
4
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ポリーニ/シューマン全録音集(4CD)

ポリーニがドイツ・グラモフォンにレコーディングしたシューマン作品をまとめたお買得な4枚組ボックス。  収録時期は1973年から2001年までの28年間に及んでおり、31歳の時に録音したピアノ・ソナタ第1番と幻想曲から、59歳の時のクライスレリアーナまで、ポリーニのスタイルの変遷も楽しめる内容となっています。(HMV)

【収録情報】
シューマン:
・幻想曲ハ長調 op.17
・ピアノ・ソナタ第1番嬰へ短調 op.11
 録音時期:1973年4月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

・交響的練習曲 op.13
 録音時期:1981年11月
 録音場所:ベルン音楽院
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・アラベスク ハ長調 op.18
 録音時期:1983年6月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・ピアノ協奏曲イ短調 op.54
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)
 録音時期:1989年9月
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・ダヴィッド同盟舞曲集 op.6
・ピアノ・ソナタ第3番ヘ短調 op.14
 録音時期:2000年6月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・アレグロ ロ短調 op.8
・クライスレリアーナ op.16
・暁の歌 op.133
 録音時期:2001年6月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Durchaus fantastisch und leidenschaftlich vorzutragen - Im Legenden-Ton
  • 02. MaBig. Durchaus energisch - Etwas langsamer - Vielbewegter
  • 03. Langsam getragen. Durchweg leise zu halten - Etwas bewegter
  • 04. Introduzione (Un poco adagio - Allegro vivace - Piu lento)
  • 05. Aria
  • 06. Scherzo (Allegrissimo) ed Intermezzo
  • 07. Finale (Allegro un poco maestoso - Piu allegro)

ディスク   2

  • 01. Theme
  • 02. Etude I
  • 03. Etude II
  • 04. Etude III
  • 05. Etude IV
  • 06. Etude V
  • 07. Variation I
  • 08. Variation II
  • 09. Variation III
  • 10. Variation IV
  • 11. Variation V
  • 12. Etude VI
  • 13. Etude VII
  • 14. Etude VIII
  • 15. Etude IX
  • 16. Etude X
  • 17. Etude XI
  • 18. Etude XII (Finale)
  • 19. Arabeske in C, Op.18
  • 20. Allegro affettuoso
  • 21. Intermezzo (Andantino grazioso)
  • 22. Allegro vivace

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初期録音の幻想曲を聴いていますが、技術の...

投稿日:2018/12/02 (日)

初期録音の幻想曲を聴いていますが、技術の壁をクリアーした先にはこれほどにまで大きな世界が待っていたのだということを教えてくれた感がします。オリジナルジャケ仕様である点も魅力的ですね。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
私に音楽的なセンスがないのらだと思います...

投稿日:2012/12/02 (日)

私に音楽的なセンスがないのらだと思いますが、どうもシューマンは苦手です。交響曲を聴いても名曲とは思えず、1番と4番くらいしか聴きません。基本的にシューマンって難解なのでしょうか。ポリーニの演奏は、私が難解・退屈 と感じていた曲をこれまで解放してくれました。例えば、ベートーヴェンの後期のソナタやリストのソナタなどです。そのことを思うとポリーニってすごい演奏家だと感じてしまいます。さて、交響的練習曲にアラベスクずっと手に入れたかったものです。届くのか楽しみです。それから、Pコンを聴くとウルトラセブンを思い出してしまうのは私だけでしょうか。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品