SACD 輸入盤

ツヴィッカウ交響曲、『マンフレッド』序曲、『序曲、スケルツォとフィナーレ』、他 ベールマン&ロベルト・シューマン・フィル

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
777719
組み枚数
:
1
レーベル
:
Cpo
:
Germany
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ツヴィッカウ交響曲〜シューマン:交響的作品集
ベールマン&ロベルト・シューマン・フィル


素晴らしい録音で聴くシューマンのシリーズ第2弾です。以前『交響曲全集』(777536)できびきびとした演奏を聴かせたベールマン。今回は序曲集と、珍しい『ツヴィッカウ交響曲』の録音です。
 序曲は割合聴く機会もありますが、こちらの『ツヴィッカウ交響曲』は若きシューマンによる未完の作品で、1832年に着手され、ひとまず第1楽章を作曲初演、とは言え全く評判にならず、改訂を繰り返しながら第2楽章を書き終えるも、結局そのままお蔵入りになってしまったというもので、録音も数えるほかありません。このベールマンの演奏はマティアス・ヴェントによる校訂版を用いたもので、ゆったりとした序奏も削除することなくシューマンが構想した最初の形を見せてくれるものです。この作品の失敗後、シューマンはピアノ曲に力を注ぐことになるのです。(CPO)

【収録情報】
シューマン:
・序曲、スケルツォとフィナーレ Op.52
・『マンフレッド』 Op.115〜序曲
・序曲『ジュリアス・シーザー』 Op.128
・序曲『ヘルマンとドロテア』 Op.136
・交響曲ト短調『ツヴィッカウ』 WoO.29(M.ヴェントによるクリティカル・エディション 初録音)

 ロベルト・シューマン・フィルハーモニー
 フランク・ベールマン(指揮)

 録音時期:2011年
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品