CD 輸入盤

シューマン:チェロ協奏曲(ヴァイオリン版)、ヴァイオリン・ソナタ第2番、クララ・シューマン:3つのロマンス グラファン、ポッペン&ドイツ放送フィル、他

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4062
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フランスの偉才グラファンのシューマン登場!
「ニ短調」ではなく「イ短調」のヴァイオリン協奏曲!


16歳という若さでフランスの名門パリ音楽院を1等賞で卒業し、インディアナのブルーミントンでは20世紀の巨匠ジョゼフ・ギンゴールド、フィリップ・ヒルシュホーンの下で研鑽を積んだ現代フランスのトップ・ヴァイオリニスト、フィリップ・グラファン。燃えたぎる情熱の炎がほとばしり、ヴァイオリンが火を噴くかのような熱き『ハンガリアン・ダンス』(ONYX4039)に続くグラファンのONYX第2弾は"遺作"ではないシューマンのヴァイオリン協奏曲!
 このシューマンのヴァイオリン作品集でグラファンが弾くのは、1853年に作曲された遺作の「ヴァイオリン協奏曲二短調」ではなく、「チェロ協奏曲イ短調Op.129」の独奏パートをシューマン自身がヴァイオリン用にアレンジを行った「ヴァイオリン協奏曲イ短調Op.129」。オリジナルのヴァイオリン協奏曲ではなく、敢えてシューマンの「チェロ協奏曲」のヴァイオリン版を選んできたグラファン。エルガーの「ヴァイオリン協奏曲」初稿版ショーソンの「詩曲」最終稿版、リトアニアの作曲家バルカウスカスの作品など、レア・レパートリーのレコーディングを成功させてきた実績があるだけに、その選曲眼は信頼度満点!
 フランスの偉才グラファンがヴァイオリンで弾く「ヴァイオリン版」シューマンのチェロ協奏曲・・・。期待度大の新録音登場です!(東京エムプラス)

【収録情報】
・シューマン:・ヴァイオリン協奏曲イ短調Op.129(原曲:チェロ協奏曲イ短調Op.129)
・シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調Op.121
・クララ・シューマン:3つのロマンスOp.22
 フィリップ・グラファン(ヴァイオリン)
 クレール・デゼール(ピアノ)
 ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
 クリストフ・ポッペン(指揮)

収録曲   

  • 01. Cello Concerto in A minor, Op. 129
  • 02. Romances (3) for Violin & Piano, Op. 22: 1. Andante Molto
  • 03. Romances (3) for Violin & Piano, Op. 22: 2. Allegretto
  • 04. Romances (3) for Violin & Piano, Op. 22: 3. Leidenschaftlich Schnell
  • 05. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 1. Ziemlich Langsam - Lebhaft
  • 06. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 2. Sehr Lebhaft
  • 07. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 3. Leise, Einfach
  • 08. Sonata for Violin & Piano No. 2 in D minor, Op. 121: 4. Bewegt

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
これはいい!耳慣れたチェロ協奏曲がそのま...

投稿日:2010/08/25 (水)

これはいい!耳慣れたチェロ協奏曲がそのままイ短調で始まる。 そしてそれがヴァイオリンのために書かれたかのように、グラファンのヴァイオリンはこの曲をさらりと弾いているが、まさに現代的でスタイリッシュなもので何の違和感もない。3楽章のカデンツァはもうすこし違う弾き方もあるかもしれないがこれはこれ。 ヴァイオリン協奏曲の新しいレパートリーに乾杯!

かめ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品