CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲 コパチンスカヤ、ヴァーリョン、ホリガー&ケルンWDR響

シューマン、ロベルト(1810-1856)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
コメント
:
デジパックキズ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
AU97717
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


ホリガー&ケルンWDR響による
シューマン・シリーズの第4弾はヴァイオリン&ピアノ協奏曲。
なんと鬼才コパチンスカヤが登場!


ドイツ、アウディーテ・レーベルより進行中のハインツ・ホリガー指揮、ケルンWDR響によるシューマンの交響曲および協奏曲、序曲も含めた管弦楽曲を全曲録音するシリーズ。注目の第4弾は鬼才パトリツィア・コパチンスカヤを迎えてのヴァイオリン協奏曲と、ハンガリーを代表する名手デーネシュ・ヴァーリョンによるピアノ協奏曲です。
 世界が最も注目するヴァイオリニスト、コパチンスカヤはツィンバロンの名手の父とヴァイオリニストの母との間にモルドヴァで生まれました。ヴァイオリンおよび作曲をウィーンとベルンで学んだのち、2000年にシェリング国際コンクール優勝、2002年には「クレディ・スイス・グループ・ヤング・アーティスト賞」を受賞し注目され、ヨーロッパを中心に活躍の場を拡げてきました。マリス・ヤンソンス、ロジャー・ノリントン、パーヴォ・ヤルヴィ、アンドリス・ネルソンスなど世界的指揮者のもと世界の名門オーケストラとの共演歴を誇ります。また室内楽への造詣も深く、とりわけファジル・サイとのデュオでは二人の強烈な個性からうまれる音楽が聴衆を魅了させます。唯一無二の個性的なアプローチはクラシック界にとどまらず音楽ファンを虜にさせる稀有な存在です。
 シューマンのヴァイオリン協奏曲ニ短調は晩年にあたる1853年の作品で、ヨアヒムからの要請によりわずか二週間で書き上げました。しかし完成の翌年にシューマンが療養所に入り、さらにヨアヒムが演奏会で取り上げることなく自筆譜は封印されてしまったために日の目を見ずにおりましたが、1907年にヨアヒムが所蔵していた楽譜がベルリン図書館に売却されたことにより、1937年にはクーレンカンプによる初演がおこなわれました。ただしクーレンカンプ自身が演奏不可能とした箇所を修正し演奏したため、翌1938年12月にセントルイスでアメリカ初演を行ったユーディ(イェフディ)・メニューインが「自分こそが真の初演者」と宣言したというエピソードもあります。その後メニューインやシェリングなどの巨匠が愛奏したことにより演奏される機会も着実に増えてきました。ホリガー率いるケルンWDR響とともに一期一会が生み出すコパチンスカヤのスリリングな演奏で、新たな魅力を見つけることができるでしょう。
 カップリングはシューマンの代表作ピアノ協奏曲で、ホリガーがソリストに指名したのは1968年ハンガリー生まれのデーネシュ・ヴァーリョンです。これまでにホリガーとの共演も多く厚い信頼のもと協奏曲録音が実現しました。母国ハンガリーの作曲家はもちろんのこと、シューマンの作品にも造詣が深いヴァーリョンはピアノ独奏曲をはじめ、室内楽作品の演奏・録音も積極的に行ってきました。まさに適役のヴァーリョンが当シリーズに登場したのは非常に喜ばしいことと言えましょう。
 ホリガー&ケルンWDR響による当シリーズはこれまでに交響曲第1番『春』、第4番(1841年版)、『序曲、スケルツォとフィナーレ』(AU97677)、交響曲第2番、第3番『ライン』(AU97678)、チェロ協奏曲、交響曲第4番(1851年改訂版)(AU97679)がリリースされ好評を博しております。(キングインターナショナル)

【収録情報】
シューマン:
1. ヴァイオリン協奏曲ニ短調 WoO.1
(I. 16:04/ II. 7:01 + 10:35 = 33:40)
2. ピアノ協奏曲イ短調 Op.54(I. 13:54/ II. 5:17 + 11:04 = 30:15)

 パトリツィア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン:1)
 デーネシュ・ヴァーリョン(ピアノ:2)
 ケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)
 ハインツ・ホリガー(指揮)

 録音時期:2015年2月9-11日(1)、3月4-7日(2)
 録音場所:ケルン・フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベートーヴェンの協奏曲が出たときにその天衣無...

投稿日:2016/03/05 (土)

ベートーヴェンの協奏曲が出たときにその天衣無縫さに魅せられるともにシューマンの協奏曲が聴きたいなあとコメントしましたけど、ようやく出ましたね。第3楽章のチャーミングさに思わず微笑んでしまいます。作曲家自身にも聴かせたかったですね。

fuka さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品