CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 クライスレリアーナ、幻想曲 ペルルミュテール

シューマン、ロベルト(1810-1856)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
MC106
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ペルルミュテール/シューマン:クライスレリアーナ、幻想曲

ペルルミュテールの絶頂期といわれる50年代の演奏から、1955年の録音を収録。30年前のLPからCD化。
 ペルルミュテールにとって思い出深いクライスレリアーナを収録。ラヴェルに師事する以前の10代の頃、ペルルミュテールはパリ音楽院でアルフレッド・コルトーのもとで学んでいました。彼は後年、その当時のことを次のように語っています。
 「コルトー先生にシューマンのクライスレリアーナを習ったことを特に懐かしく思い出します。本当に丁寧に細かく教えてくれました。その時学んだことが、今も私の中で生きています。」(エルモ)

【収録情報】
シューマン:
・クライスレリアーナ op.16
・幻想曲ハ長調 op.17
 ヴラド・ペルルミュテール(ピアノ)

 録音時期:1955年
 録音方式:モノラル
 原盤:VOX

収録曲   

  • 01. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 1. usserst Bewegt, D minor
  • 02. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 2. Sehr Innig Und Nicht Zu Rasch, B Flat Major
  • 03. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 3. Sehr Aufgeregt, G minor
  • 04. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 4. Sehr Langsam, B Flat Major - D minor
  • 05. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 5. Sehr Lebhaft, G minor
  • 06. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 6. Sehr Langsam, B Flat Major
  • 07. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 7. Sehr Rasch, C minor - E Flat Major
  • 08. Kreisleriana, 8 Fantasies for Piano, Op. 16: 8. Schnell Und Spielend, G minor
  • 09. Fantasie (Obolen Auf Beethovens Monument) for Piano in C Major, Op. 17: 1. Durchaus Phantastisch Und Leidenschaftlich Vorzutragen - I
  • 10. Fantasie (Obolen Auf Beethovens Monument) for Piano in C Major, Op. 17: 2. Mssig. Durchaus Energisch - Etwas Langsamer
  • 11. Fantasie (Obolen Auf Beethovens Monument) for Piano in C Major, Op. 17: 3. Langsam Getragen. Durchweg Leise Zu Halten - Etwas Bewegte

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品