シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Comp.symphonies: Bohm / Bpo

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
419318
組み枚数
:
4
レーベル
:
Dg
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

力強い名演!
ベーム&ベルリン・フィルのシューベルト交響曲全集

1963−71年ステレオ録音。決然としたフォルムの構築に加え、力感みなぎる表現が、初期作品まで堂々たる大交響曲として再現するいかにもベームらしい名演奏。カラヤン時代のBPOから剛毅で味わい深いサウンドをひきだした手腕もさすが。名盤です。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Franz Schubert (1797 - 1828)
    Symphony no 1 in D major, D 82
    演奏者 :

    指揮者 :
    Bohm, Karl
    楽団  :
    Berlin Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1813, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Franz Schubert (1797 - 1828)
    Symphony no 2 in B flat major, D 125
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1814-1824, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
本盤におさめられたシューベルトの交響曲全...

投稿日:2011/12/24 (土)

本盤におさめられたシューベルトの交響曲全集は、ベームのいくつか存在している様々な作曲家による交響曲全集の中でも、モーツァルトの交響曲全集と並ぶ最高傑作と言ってもいいのではないだろうか。そして、シューベルトの交響曲全集については、現在に至るまで様々な指揮者が録音を行ってきたが、ベームによる本全集こそはそれらの中でトップの座に君臨する至高の名全集と高く評価したいと考える。ベームは、交響曲第8番「未完成」及び第9番「ザ・グレート」については、本盤の演奏以外にも複数の録音を遺しており、交響曲第8番「未完成」についてはウィーン・フィルとの演奏(1977年)、第9番「ザ・グレート」についてはウィーン・フィルとの演奏(1975年東京ライヴ録音)やシュターツカペレ・ドレスデンとの演奏(1979年ライヴ録音)の方をより上位の名演に掲げたいが、本盤の演奏もそれらに肉薄する名演であり、本全集の価値を減ずることにはいささかもならないと考える。なお、LPの全集では収録されていた劇音楽「ロザムンデ」からの抜粋がおさめられていないのはいささか残念であるという点は敢えて指摘しておきたい。本盤の演奏におけるベームのアプローチは、例によって重厚でシンフォニックなものだ。全体の造型はきわめて堅固であるが、その中で、ベームはオーケストラを存分に鳴らして濃厚さの極みと言うべき内容豊かな音楽を展開している。もっとも、ベームの演奏は必ずしも剛毅さ一辺倒ではなく、むしろ堅固な造型の中にも豊かな情感が満ち溢れており、いい意味での剛柔併せ持つバランスのとれた演奏と言えるだろう。私見ではあるが、ベームによるシューベルトの演奏は、ウィーン風の抒情に満ち溢れた名演の数々を成し遂げたワルターによる演奏と、剛毅で古武士のような風格のあるクレンペラーの演奏を足して2で割ったような演奏様式と言えるのかもしれない。そして、ベームのしっかりとした統率の下、素晴らしい名演奏を披露しているベルリン・フィルについても言及しておかないといけないだろう。本演奏は、1963〜1971年のスタジオ録音であるが、この当時のベルリン・フィルは、終身の芸術監督カラヤンの下で、いわゆるカラヤン・サウンドに満ち溢れた重厚でなおかつ華麗な名演奏の数々を成し遂げるなど、徐々にカラヤン色に染まりつつあったところだ。しかしながら、本演奏では、いささかもカラヤン色を感じさせることなく、ベームならではのドイツ風の重厚な音色で満たされていると言える。かかる点に、ベルリン・フィルの卓越した技量と柔軟性を大いに感じることが可能であり、本名全集に大きく貢献しているのを忘れてはならない。音質は、1960年代後半から1970年代初めのかけてのスタジオ録音であるが、従来盤でも十分に満足できるものであった。本全集のうち、第5番については既にSHM−CD化されていたが、今般、全集がSHM−CD化されるに及んで、従来盤よりも若干ではあるが、音質が鮮明になるとともに音場が幅広くなったと言えるところだ。もっとも、ボックスとしてはあまりにも貧相な作りであり、安っぽい紙に包まれたCDの取り出しにくさについても大いに問題があるなど、必ずしも価格(6000円)に見合った作りにはなっていないことを指摘しておきたい。ベーム没後30年を祈念したCDとしてはいささか残念と言わざるを得ないところだ。せっかく発売するのであれば、SHM−CDと言った中途半端な高音質化ではなく、より豪華な装丁にした上で、シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤で発売して欲しかったという聴き手は私だけではあるまい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

8
★
★
★
★
☆
シューベルトは旋律重視で構成力がとかく薄...

投稿日:2011/07/12 (火)

シューベルトは旋律重視で構成力がとかく薄めになりがちだが、この演奏は起承転結を意識した昔ながらの演奏。堂々たる威容、響きの香りや気品は巨匠最晩年、80年前後のウィーンフィル盤(5、未完成)、ドレスデン盤(グレート)に譲る部分も大きいが、ベルリンフィルらしく強い覇気と強靭なアンサンブル、独逸のマイスター風といったゴツゴツした重厚な響きと構成感が素晴しい。この頃のベルリンフィルは、カラヤンがシェフになってサウンドが徐々にカラヤン風な明るく豊麗なものに変化する過渡期にあり、このシューベルトはもちろん、モーツアルトの交響曲全集やセレナード集、ブラームス1番、英雄など一連の録音は、質実剛健な独逸のマイスターといった感じで、後年のウィーン再録音と違った筋肉質な音楽を聴かせる。スクエアで辛口な演奏だけに「息苦しい」という批判が出るのも致し方ないが、この当時のベームの充実ぶりは、最後のドイツのマイスター時代の遺産といえようか。少し後の世代でこの伝統を共有した巨匠・名匠はヴァントやクルト・ザンデルリンク、シュタイン、マズアぐらいしかいないだろう。いまや伝統の中で育ったはずのティーレマンですらこの伝統とは目指すものが違い、個を消した職人芸より、個性を前面に出した音楽作りを追求している。時代は変わったのだ。こうした個性を前面に出さずまずは作品自体に語らしめようとする職人指揮者は、いまや過去の遺物になりつつあるが、我々、LP世代には忘れじの存在であることには違いがない。

eroicka さん | 不明 | 不明

4
★
★
★
★
☆
シューマンが「天国のように永遠と続く・・...

投稿日:2011/04/26 (火)

シューマンが「天国のように永遠と続く・・・」と評した如く各楽章毎に各テーマが延々とつながる曲を退屈させることなく進めて如何に「曲意」を伝えるかで指揮者の手腕が問われるザ・グレイトなのですが小生がLPを買った当時見回してベーム盤しか見当たらなかった・・レコードアカデミー賞も受賞しているし・・わけです。1963年ベーム69歳の頃の録音で当初聴いた時は曲自体退屈なところもあったわけですが聴き込むにつれて曲の良さを伝えてくれたのがこのベーム/BPO盤です。第1楽章のあのホルンの序奏からこの楽章の〆のコーダまで決して弛緩しない緊張感の維持はベームのまだ若い情熱とBPOの筋肉質のサウンドの賜物と思います。第2楽章の叙情性もいたずらに惰性感に落ちず運んでいる独特のテンポは素晴らしいですね。やや単調に感じた第3楽章が終わって最終楽章では再びがっしりした構築性を見せフィナーレまで一気に進め前述の退屈な処を軽減するどころかずっしりした存在感をさえ味わせてくれます。兎に角梃子でも動かない武骨さ?が魅力な演奏であり、タイムとしては@14’24A13’51B11’16C11’29となっております。なお、このグレイト交響曲のベーム指揮分の他の主な盤は1956年NGRSO(@14’21A14’45B9’54C11’01)、1975年VPO(@14’59A14’28B12’07C12’33)、1979年SKDO(@13’57A13’30B11’00C11’34)などが有りDVDでの1973年VPO演奏物も手に入る様です、タイムはライブ録音のものは特に最終楽章聴衆拍手も含んでいる場合もあろうかと思います。1966年録音の同じくBPOを振っての未完成(タイム@11’29A11’42)も得てしてロマン性を強調しがちになるこの曲をベームの重厚・武骨さで中和してグレイトと共に素晴らしいです(遊びも欲しいのは厚かましいのでしょうがVPOとの幾種類かの演奏がこの点をクリアしている様に思えました)。曲自体がバランスのとれた第5番(1966年録音、@7’22A9’52B5’22C5’46)も力感が結構あってそう軽々しく扱わない処が好みは別にして面白いですね。とにかく本盤は先ず「ザ・グレイト」有りきでありましょう・・・前述以外の交響曲は未聴でありますので★一つ分減じて素晴らしいランクに止めておきますね。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

2

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品