シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

歌曲全集 フィッシャー=ディースカウ(21CD)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4778989
組み枚数
:
21
レーベル
:
Dg
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

シューベルト:歌曲大全集(21CD)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ


フィッシャー=ディースカウが生涯に渡って最も力を入れて取り組んでいたのがシューベルトの歌曲であることはよく知られており、数多くのレコーディングも残されていますが、中でも特に高く評価されているのがこのドイツ・グラモフォンへの全集録音です。
 1965年から1972年にかけてセッション・レコーディングされフィッシャー=ディースカウの名を一躍世界的なものにしたこの全集は、一貫してジェラルド・ムーアがピアノ伴奏していることも注目されるポイントとなっています。
 「最高だった」とフィッシャー=ディースカウが絶賛するムーアのピアノは、歌の繊細な表情の変化にも即応する見事なもので、すべての曲にそうした高水準な伴奏が得られたのはこの全集の価値をより高めてもいます。
 レコーディングと並行して、フィッシャー=ディースカウはシューベルトの歌曲を徹底的に研究、録音完成の前年には、大著「シューベルトの歌曲をたどって」を出版してもいました。
 そうした研究を踏まえたこの全集は、シューベルトの男声用リート作品408曲(うち3つは歌曲集)を収録した、個人による歌曲集としては最大規模のセットで、フィッシャー=ディースカウ全盛期の艶やかで張りのある声と完璧なコントロールに、ジェラルド・ムーアの繊細かつ雄弁な伴奏が結びついたこともあり、作品数が膨大にも関わらず、それぞれが高い完成度を示すものになっているのがで驚異的でもあります。(HMV)

【収録情報】
DISC-1
弔いの幻想 D.7、父親殺し D.10、小川のほとりの若者 D.30、墓堀人の歌 D.44、影たち D.50、憧れ D.52、変容 D.59、考えよ,この瞬間が D.76、潜水者 D.77、想い D.99、心の近さ D.100、追想 D.101

DISC-2
慰め,エリーザに D.97、祈る女 D.102、遠方からの歌 D.107、夕暮れ D.108、愛の歌 D.109、思い出 D.98、アデライーデ D.96、エマに D.113、ロマンツェ D.114、ラウラに,彼女がクロップシュトックのキリスト復活の歌を歌った時に D.115、幽霊の踊り D.116、異国から来た少女 D.117、夜の歌 D.119、涙の中にある慰め D.120、羊飼いの嘆きの歌 D.121、憧れ D.123、湖畔にて D.124、墓地に寄せて D.151、彼女が頬を赤く染めるのを見た時に D.153、姿 D.155、月の宵 D.141、ローダの幽霊 D.150

DISC-3
歌びと D.149、期待 D.159、川辺にて D.160、ミニョンに D.161、恋人の近く D.162、歌びとの朝の歌 D.165、アンフィアラオス D.166、それが僕だった D.174、星 D.176、甲斐なき愛 D.179、愛の陶酔 D.179、愛の憧れ D.180、初恋 D.182、酒の歌 D.183、愛の声 D.187、自然の楽しさ D.188、歓喜に寄せて D.189、小川のほとりの若者 D.192、月に寄せて D.193、五月の夜 D.194、ナイチンゲールに寄せて D.196、ユーリアの姿を垣間見た林檎園に寄せて D.197、溜息 D.198、愛のたわむれ D.206

DISC-4
恋する男 D.207、夢 D.213、あずまや D.214、海の静寂 D.216、埋葬の歌 D.218、発見 D.219、さすらい人の夜の歌 D.224、漁師 D.225、最初の喪失 D.226、幻影 D.229、幻覚 D.230、夕暮れ D.221、愛の霊 D.233、宴席の歌 D.234、吟遊詩人 D.209、バラード D.134、夕暮れに菩提樹の下で D.235、月の夜 D.238、讃迎 D.240、愛のためのすべて D.241、秘密 D.250、春に寄せて D.245、人質 D.246

DISC-5
ねずみ取り D.255、宝掘り D.256、野薔薇 D.257、連帯の歌 D.258、月に寄せて D.259、悲しみの喜び D.260、愛の神々を買うのは誰か? D.261、金細工職人 D.560、舞踏会の後の朝のキス D.264、夕べのセレナーデ,リーナに D.265、朝の歌 D.266、女好き D.271、太陽に寄せて D.266、指物師の歌 D.274、子供の死を悼む花環 D.275、夕べの歌 D.276、陽気さ D.262、トカイ・ワイン讃 D.248、恋人の憂慮 D.285、薔薇のリボン D.280、彼女に D.288、夏の夜 D.289、夜明けの歌 D.290、無限なる者に D.291、オシアンの「ナトス戦死の後に作れる歌」D.278、イニストアの乙女 D.278、愛の清涼飲料水 D.302、恋人に D.303、五月に寄せる私の挨拶 D.305、酒宴歌 D.306、星の世界 D.307、愛の力 D.308、邪魔された幸福 D.309、星 D.313、夜の歌 D.314、ローザに,第一 D.315、ローザに,第二 D.316、白鳥の歌 D.318

DISC-6
満足している男 D.320、リアーネ D.298、目の歌 D.297、亡霊の呼び掛け D.142、希望 D.295、月に寄せて D.296、憩いの愛 D.138、魔王 D.328、蝶 D.633、山々 D.634、つつましい満足 D.143、自然に寄せて D.372、嘆き D.371、朝の歌 D.381、夕べの歌 D.382、逃亡者 D.402、ピアノを弾くラウラ D.388、ラウラに感じる恍惚 D.390、四つの時代 D.391、農民の歌 D.392、隠遁所 D.393、美しい音楽に寄せる歌 D.394、悲しみ(秋の夜)D.404、リート D.403、秋の夕暮れ D.405、去っていった人に D.350、漁師の歌 D.351、愛の言葉 D.410、竪琴との別れ D.406

DISC-7
愛の声 D.412、恍惚 D.413、愛の霊 D.414、嘆き D.415、ユーリウスがテオーネに D.419、月に寄せる嘆き D.436、春の歌 D.398、ナイチンゲールの死に寄せて D.399、子供時代 D.400、冬の歌 D.401、愛の歌 D.429、幼い恋 D.430、花の歌 D.431、苦悩する男 D.432、至福 D.433、収穫の歌 D.434、偉大なるハレルヤ D.442、星座 D.444、愛の神々 D.446、眠りに寄せて D.447、春の神 D.448、よい羊飼い D.449、夜 D.358、アイスキュロスからの断片 D.450、沈み行く太陽に D.457、私のピアノに寄せて D.342、子供時代の喜び D.455、郷愁 D.456、月に寄せて D.468、クローエに D.462、婚礼の歌 D.463、真夜中に D.464、愛の悲しみ D.465、 真珠 D.466

DISC-8
歌の終わりに D.473、冥界に下る時のオルフェウスの歌 D.474、別れ(巡礼の歌による)D.475、帰路 D.476、古い愛は決して錆びない D.477、竪琴弾き,第一 D.478、竪琴弾き,第二D.480、竪琴弾き,第三D.479、トゥーレの王様 D.367、狩人の夕べの歌 D.368、馭者クロノスに D.369、岩山の歌びと D.482、リート D.483、さすらい人 D.493、羊飼い D.490、双子座の星に寄せる D.360、秘密 D.491、ポンスに添えて D.492、春の小川にて D.361、泉に寄せて D.530、私の父の墓で D.496、アンゼルモの墓で D.504、夕べの歌 D.499、リート(満足)D.362

DISC-9
秋の歌 D.502、酒宴歌 D.507、人生の歌 D.508、別れの苦しみ D.509、アリンデ D.904、リュートに D.905、陽気さ D.520、愛 D.522、慰め D.523、羊飼いと騎馬の人 D.517、涙の讃美 D.711、アルプスの狩人 D.524、ウルフルが釣りをするごとく D.525、冥府への旅 D.526、子守歌 D.527、花の言葉 D.519、盛りを過ぎた菩提樹 D.514、時の飛翔 D.515、死と少女 D.531、霧氷の歌 D.532、毎日歌う D.533、川辺にて D.539、フィロクテート D.540、メムノン D.541、地上にて D.543、ガニュメート D.544、若者と死 D.545、歌による慰め D.546

DISC-10
音楽に寄せて D.547、汝に平安あれ D.551、ベニヒワの求愛 D.552、ドナウ川の上で D.553、舟人 D.536、嵐のあと D.561、漁師の歌 D.562、墓 D.569、川 D.565、死に寄せて D.516、別れ D.578、ます D.550、タルタルスの群れ D.583、エリュージウム D.584、アテュス D.585、エルラフ湖 D.586、アルプスの狩人 D.588、戦い D.594、ゆりかごの子供 D.579、リーゼンコッペ山上にて D.611、秋の夜に月に寄せて D.614

DISC-11
母の埋葬の歌 D.616、孤独 D.620、花の便り D.622、マリア像 D.623、万霊節の連祷 D.343、ブロンデルがマリア様に D.626、夕映え D.627、ソネットT D.628、同U D.629、同V D.630、マリアの苦悩を想って D.632、茂み D.646、さすらい人 D.649、夕べの情景 D.650、天国の光 D.651、友人たちに D.654、憧れ D.636

DISC-12
希望 D.637、小川のほとりの若者 D.638、讃歌T D.659、同U D.660、同V D.661、同W D.662、マリア D.658、風吹くときに D.669、星の夜 D.670、慰め D.671、夜曲 D.672、プロメテウス D.674、断片 D.677、夜の讃歌 D.687、鳥 D.691、少年 D.692、流れ D.693、夕焼け D.690、舟人 D.694、星 D.684、朝の歌 D.685、春の想い D.686

DISC-13
娘の恋の立ち聞き D.698、タウリスのオレステス D.548、罪を清められたオレステス D.699、沈む喜び D.700、丘の上の若者 D.702、憧れ D.516、怒れるディアナに D.707、森にて D.708、囚われの歌人たち D.712、不幸な男 D.713、耽溺 D.715、秘めごと D.719、人間の限界 D.716、泉のほとりの若者 D.300、花の苦しみ D.731、私の挨拶を D.741、リンツの判事補ヨゼフ・シュパウン氏に『書簡』 D.749

DISC-14
うずらのさえずり D.742、彼女の墓 D.736、夜咲きスミレ D.752、ヘリオポリスT D.753、同U D.754、幸福の世界 D.743、白鳥の歌 D.744、あなたは私を愛していない D.756、愛は裏切った D.751、死の音楽 D.758、宝掘りの願い D.761、竪琴に寄せて D.737、囃子にて D.738、ミューズの子 D.764、遠く去った人に D.765、川辺にて D.766、逢う瀬と別れ D.767、さすらい人の夜の歌 D.768、怒れる吟遊詩人 D.785、湖畔にて D.746、すみれ D.786、遠い国への憧れ D.770

DISC-15
こびと D.771、悲しみ D.772、母なる大地 D.788、水上で歌う D.774、巡礼の歌 D.789、秘密 D.793、巡礼者 D.794、美も愛もここにいたことを D.775、君はわが憩い D.776、笑いと涙 D.777、老人の歌 D.778、バッカス讃歌 D.801、勝利 D.805、夕星 D.806、解消 D.807、ゴンドラの船頭 D.808、信仰と希望と愛 D.955、夕映えの中で D.799、孤独な男 D.800、歌びとの持ち物 D.832

DISC-16
墓掘人の郷愁 D.842、盲目の子 D.833、夜と夢 D.827、ノルマン人の歌 D.846、捕らわれし狩人の歌 D.843、森にて D.834、ブルックにて D.853、郷愁 D.851、全能の神 D.852、あふれる愛 D.854、再会 D.855、遥かな人に寄せる夕べの歌 D.856、フローリオ D.857、私の心に D.860、愛らしい星 D.861、深い悩み D.876

DISC-17
窓辺で D.878、憧れ D.879、戸外にて D.880、漁師の歌 D.881、墓掘人の歌 D.869、春に D.882、生気 D.883、真夜中に D.862、ヴィルデマンの丘で D.884、獅子心王リチャードのロマンス D.907、酒の歌 D.888、セレナーデ D.889、ピッポリートの歌 D.890、シルヴィアに D.891、さすらい人が月に寄せて D.870、臨終を告げる鐘 D.871、あなたと2人きりでいると D.866-2、この世の幸福 D.866-4、子守歌 D.867、子供を抱く父親 D.906

DISC-18
狩人の愛の歌 D.909、舟人の別れの歌 D.910、目の魔力 D.902-1、欺かれた裏切り者 D.902-2、妻を得る方法 D.902-3、緑の中での歌 D.917、泣く D.926、私のゆりかごの前に立って D.927、酒宴でのヴァレンシュタイン槍兵 D.931、十字軍 D.932、漁夫の恋の幸せ D.933、冬の夕べ D.938、星 D.939、秋 D.945、水鏡 D.949、この世からの別れ D.829

DISC-19
歌曲集『美しい水車小屋の娘』 D.795(20曲)

DISC-20
歌曲集『冬の旅』 D.911(24曲)

DISC-21
歌曲集『白鳥の歌』 D.957(14曲)

 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)

 録音時期:1965〜72年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私はレコードの時代は知らないけれど、CDで...

投稿日:2021/03/02 (火)

私はレコードの時代は知らないけれど、CDで比較的早い時期、1990年頃に国内盤でボックス化されて出ていたもの。3万円はしていたかと。それが、後々3部セットの輸入盤が出て、最終的には21枚1BOXで1万円切るというわけで。 それも入手性が悪くなっているのも困りものだけれど、シューベルトの歌曲として一人でここまで入れた人は空前絶後ではないかと思います。しかも内容は未だスタンダードと言っていいハイレベルなもの。まずは一家にワンセット、の世界ですかね。

Verdi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
F=ディースカウのシューベルト全集がこの...

投稿日:2012/10/09 (火)

F=ディースカウのシューベルト全集がこの価格で購入出来るなんて時代の流れと云うか嬉しい限りである。余りにも巧く、完璧な歌唱で味わいに欠けるという贅沢この上ない悩みを感じるのは私だけではないと思いますが、今後此れを凌駕する演奏(CD)は中々出ないでしょう。ムーアのピアノ伴奏も見事の一言です。

モーリス さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
年をとるにつれてシューベルトを聞く機会が...

投稿日:2011/11/06 (日)

年をとるにつれてシューベルトを聞く機会が多くなった。この異常な心理状態の音楽は年齢が上がるにつれて不安も多くなってきた自分によく合う音楽なのだ。といっても中心はピアノソナタで歌曲は有名曲以外ほとんど手つかず状態。でも少しずつ聞いていきます。死ぬまで。

顕 さん | 岐阜県 | 不明

5

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品