CD 輸入盤

後期ピアノ・ソナタ集 ポリーニ(P) 

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
474613
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

シューベルト:後期ピアノ作品集 / ポリーニ(P)

OIBPリマスターで復活!

シューベルトの後期ソナタは、旋律の魅力はもちろん、大規模な作品を支える構造的な面での魅力にもこと欠かない傑作揃い。
 ポリーニの演奏は、声部バランスの完璧さと美しく気品あるフレージングによって作品の魅力をフルに引き出したものとして知られています。
 その見通しの良い造形美や、粒立ちの良い音による端正なリズムの処理は、まさにポリーニ全盛期ならではの素晴らしいピアニズムを実感させてくれるものです。
 もともと音の良い録音として知られていたものですが、今回、新たにOIBPリマスタリングをおこなうことで、音の質感がさらに向上しているのも嬉しいところ。


収録作品

・シューベルト:ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D.958
 1985年6月、パリ、サル・ワグラムにおけるデジタル録音

・シューベルト:ピアノ・ソナタ 第20番 イ長調 D.959
 1983年12月、ウィーン、ムジークフェラインザールにおけるデジタル録音

・シューベルト:ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960
 1985年9月、ミュンヘン、ヘルクレスザールにおけるデジタル録音

・シューベルト:3つのピアノ小品 D.946
 1985年6月、パリ、サル・ワグラムにおけるデジタル録音

・シューベルト:アレグレット ハ短調 D.915
 1985年9月、ミュンヘン、ヘルクレスザールにおけるデジタル録音

マウリツィオ・ポリーニ(P)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Pollini, Maurizio - Sonate Fuer Klavier C-moll D 9
  • 02. 1. Allegro
  • 03. 2. Adagio
  • 04. 3. Menuetto. Allegro
  • 05. 4. Allegro
  • 06. Pollini, Maurizio - Sonate Fuer Klavier A-dur D 95
  • 07. 1. Allegro
  • 08. 2. Andantino
  • 09. 3. Scherzo. Allegro Vivace
  • 10. 4. Rondo. Allegretto

ディスク   2

  • 01. Pollini, Maurizio - Sonate Fuer Klavier B-dur D 96
  • 02. 1. Molto Moderato
  • 03. 2. Andante Sostenuto
  • 04. 3. Scherzo. Allegro Vivace Con Delicatezza
  • 05. 4. Allegro Ma Non Troppo
  • 06. Pollini, Maurizio - Allegretto D 915 C-moll
  • 07. Pollini, Maurizio - Klavierstuecke D 946
  • 08. Nr. 1 Es-moll. Allegro Assai - Andante - Tempo I
  • 09. Nr. 2 Es-dur. Allegretto
  • 10. Nr. 3 C-dur. Allegro

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初来日の交響的練習曲と21番ソナタ、今も...

投稿日:2011/06/26 (日)

初来日の交響的練習曲と21番ソナタ、今も脳裏に焼き付いています。思い出は美しい、時として美化されることもあるけれど。音楽を専門に学んだことのない私が偉そうなことを言うのもなんですが、30そこそこのシューベルトが作曲したこのソナタ、色々な解釈があって当然ではないでしょうか。深い精神性を追求すると思う人いれば、死神と向き合いながら作曲したと覆う人もいるでしょう。私のように純音楽としてポリーニを高く評価する人もいるでしょう。大家ほど評価は分かれやすいものですね。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
レビューは討論の場では無い事を承知の上で...

投稿日:2011/03/21 (月)

レビューは討論の場では無い事を承知の上で書きます。 旅の途中さん、INVE...さん達のレビューを読むと、クラシック音楽は特別な最高級の教育を受けた知識人のみが享受できる世界と思えてしまいます。 無教養の私なんかは、シューベルトを娯楽で聴いていますが、悪い事でしょうか?これらの美しい曲を聴いて感動していますが、根が浅いのでしょうか?理解しきれて無いのでしょうか? ピアノを少しかじりましたが、これだけ弾くには才能と、どれだけの訓練、鍛錬、努力を必要としたのか? この、高名な世界的なピアニストに対して尊敬の念も無く平気で星一つ、二つ...。まあ、ポリーニがこれらを読んだら「フン、極東の音楽史も無い、音楽文化もろくに無い島国の...」と鼻も引っかけない事でしょう。 第一、シューベルトの時代これは娯楽でしょう? レビューを書く人達、(旅の途中さんとか)、ひけらかす、衒う...。 これらの言葉がぴったり当てはまるように思えます。 例えば、ワインはどこそこの畑の何年物で無くては..と語ると同じ。 音楽も、ワインも、人生を謳歌する為に存在する物、と思えます。 重箱の隅を、爪楊枝でつついて欠点を探し出すような音楽の聴き方。 聴いていて楽しい、ほっとする、とか多分無いのでしょうね。 眉間に皺を寄せて、荒探しで、楽しむ間も無く聴いている御姿が目に浮ぶようです。 しかし、こう言った輩が、クラシック音楽を、初心者等にクラシックは別物、と思わせてしまう弊害は有ろうかと思います。 録音して聴かせて頂ける、と言う感謝の念は無いのですかね。 演奏が気に入らなければ、聴かなければ良い。声高に叫ぶ事は無い。 人間性、品格が問われます。 批評する相手は、世界屈指のピアニスト。演奏が好きか嫌いかは自由ですが、批評するだけの物をお持ちでしょうか???ひけらかし、衒う。 録音に対する評価は仕方が無いと思います。

瑛 さん | 長野県 | 不明

12
★
★
★
★
★
今から30年前、このCDが初発売される数年前...

投稿日:2010/04/28 (水)

今から30年前、このCDが初発売される数年前にNHK-FMで放送されたD946(このCDにも収録されてます)の、あまりにも美しく優しい演奏にて、自分のPolliniに対するイメージは大きく決定づけられました。Kempffがその美しい一文で述べるように(Shubert ピアノソナタ全集の解説)、Shubertの演奏に必要なのは、おそらく技量とか解釈とかでなく、Schubertの音楽をどれだけ愛してついていくか、です。ここで聴くPolliniの演奏は、彼の一般的なイメージからすれば、むしろ粗いのではと思えるくらいに無造作な演奏にも聴こえますが、反面Schubertの音楽に頭でなく自然に寄り添える人間でなければ、Schubertを心から大切に思う人でなければ、こんなにも優しく心のこもった演奏はできないでしょう。Polliniがこの録音に寄せた短い一文を読んでも判ります。歴史に残る大名演ではないかも知れませんが、Schubertの音楽を心の奥底に密やかに持ち続ける一人として、いつまでも大切にしたいアルバムの一つです。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

5

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品